​KGIとKPIと新型コロナウイルス

画像: Shutterstock_ OlgaGiさん

2020.03.11

経営・マネジメント

​KGIとKPIと新型コロナウイルス

野町 直弘
調達購買コンサルタント

KGIは言うまでもなく、Key Goal Indicatorの略であり、(ビジネスの)最終目標を定量的に評価できる指標です。 重要目標達成指標とも呼ばれます。一方でKPIはKey Performance Indicatorの略で、KGIを達成するための各プロセスが適切に実施されているかどうか定量的に評価するための指標で、重要業績評価指標とも呼ばれています。 新型コロナ対策でも適切な目標設定とともにKGI、KPIを設定すべきです。

KGI、KPIの重要性は言うまでもありません。

KGIは言うまでもなく、Key Goal Indicatorの略であり、(ビジネスの)最終目標を定量的に評価できる指標です。
重要目標達成指標とも呼ばれます。一方でKPIはKey Performance Indicatorの略で、KGIを達成するための各プロセスが適切に実施されているかどうか定量的に評価するための指標で、重要業績評価指標とも呼ばれています。

調達購買業務においてもKGI、KPIが明確でないため、業務がうまく進まない、意識が変わらない、ということを聞くことがあるでしょう。

例えばあるビジネスでのKGIは収益の最大化であり、そのための調達購買部門のKPIはコスト削減だけでなく、粗利の最大化(高く売れるものを仕入れる、数多く売れるものを仕入れる)ということもKPIとして上げられます。このように幅広くKGIにつながるKPIを設定すること、また、これら多くのKPIを達成のための施策(対策)を実行することが重要です。

今世の中を騒がせている、新型コロナについても同様のことが言えます。

新型コロナウイルスの国内外での感染拡大が止まりません。
ヤフーのとりまとめによると3/6日現在で日本国内で360人の感染者、6人の死亡者となっており、感染者数は前日比で43人増えています。2月25日に政府は「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」を発表しました。そこには国内侵入対策から国内感染拡大防止を重視する時期に既に入っており、最終的には重症化防止を目的にしていく、とうたっています。

【現時点での対策の目的】(基本方針より抜粋)
・感染拡大防止策で、まずは流行の早期終息を目指しつつ、患者の増加のスピードを可能な限り抑制し、流行の規模を抑える。
・重症者の発生を最小限に食い止めるべく万全を尽くす。
・社会・経済へのインパクトを最小限にとどめる。

上記が基本方針からの抜粋です。ここで疑問がでてきます。
最終目的が何でKGIは何なのでしょうか。

政府ははっきりとは明言していませんが、最近の論調によるとどうやら最終目的は「重症者(や死亡者)の発生を最小限に食い止めるべく万全を尽くす」ことのように感じます。そうするとそのためには「感染の拡大を防ぎ、流行の規模を抑える」またそうは言え「社会・経済へのインパクトを最小限にとどめる」を両立させることをプロセス目標として考えているように理解できるでしょう。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

野町 直弘

調達購買コンサルタント

調達購買改革コンサルタント。 自身も自動車会社、外資系金融機関の調達・購買を経験し、複数のコンサルティング会社を経由しており、購買実務経験のあるプロフェッショナルです。

フォロー フォローして野町 直弘の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。