吉本興業および芸人は謝罪会見を開くべきか問題

2019.07.08

組織・人材

吉本興業および芸人は謝罪会見を開くべきか問題

増沢 隆太
株式会社RMロンドンパートナーズ 東北大学特任教授/人事コンサルタント

闇営業問題は収まる気配を見せず、延焼し続けています。一方でそもそも闇営業問題と、反社勢力問題は別という冷静な意見も出始めました。結構な数の問い合わせをいただいていますので、本件について謝罪すべきかどうか、意見を述べたいと思います。

・謝罪会見はすべきか?
数々のマスコミからこの件の問い合わせを受けています。難しいところですが、もうここまで延焼が進んでしまうと、もはや火消しはできず、謝罪をしたところで100%罵倒されて終わりでしょう。少なくともその結果のニュースでも罵詈雑言しか浴びないと思われます。

つまり今謝罪会見をしても事態が大きく変わることはないのでは?と思っています。ではやらなくて良いのでしょうか?

それでも芸人さんとしての活躍にわずかでも道を残すのであれば、会見はして損はないかも知れません。世間からの袋だたきを実現することで、この吹き荒れる批判を一気に燃え尽くさせるのです。

江戸時代など、まだ消火設備のなかった頃、消火は破壊消火と呼ばれる延焼防止が主体でした。まだ燃えていない近隣の家まで破壊することで、これ以上の被害を防ぐのです。自らの手で甚大な被害を作り出すことになります。

理由はリスク管理です。

現状でもすでに、今回の対象となる芸人さんがテレビ復帰は無理なところまで進んでいます。いわばもう下はない状況です。そうであれば、さらに袋だたきになったとしても、今以上にリスクが拡大する可能性は低いでしょう。

人気者でお金持ちというイメージが批判を加速させています。いかにダメダメな部分、カネに汚い部分、自分たちの正当化をせずにひたすら愚かさを訴えることができるなら、会見による事態の下げ止まりに、一縷の可能性を感じます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

増沢 隆太

株式会社RMロンドンパートナーズ 東北大学特任教授/人事コンサルタント

芸能人から政治家まで、話題の謝罪会見のたびにテレビや新聞で、謝罪の専門家と呼ばれコメントしていますが、実はコミュニケーション専門家であり、人と組織の課題に取組むコンサルタントで大学教授です。 謝罪に限らず、企業や団体組織のあらゆる危機管理や危機対応コミュニケーションについて語っていきます。特に最近はハラスメント研修や講演で、民間企業だけでなく巨大官公庁などまで、幅広く呼ばれています。 大学や企業でコミュニケーション、キャリアに関する講演や個人カウンセリングも行っています。

フォロー フォローして増沢 隆太の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。