米国不動産投資考察-②

2018.07.12

経営・マネジメント

米国不動産投資考察-②

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

米国不動産投資考察の第二弾レポートです。前回は海外の不動産投資で注意すべき要点を解説しました。 ①ドル金利、②為替レート、③米国全体の不動産価格傾向、でした。今回は、米国の地域性について考察します。

アメリカにおける各地域の特色

広大な国土の米国では、不動産の地域性には大きな格差があると言われます。経済の中心地ニューヨーク、政治の中心地ワシントン、最近ではIT産業の発展が目覚ましいサンフランシスコ周辺地域、リゾートの中心地フロリダ、ハワイ、そしてエンターテインメントの中心地ラスベガスなど大きな特色があります。
そして地域の特性を維持するためには不動産のストック(不動産供給量)が必要。下記のグラフ(出所:住友不動産資料)はそのストックを都市別に並べたものです。
このグラフを見ると、圧倒的にニューヨークとワシントンが上位に来ています。それだけ、経済と政治の依存度が高いと言えます。そのストックの中身は、オフィスと商業施設そして住宅です。
第3位以下には、シカゴ、ロスアンゼルス、ボストンとランクされており、サンフランシスコは16位と意外に低い位置にいます。筆者は上記都市のうちの、シカゴ、ボストン以外は滞在した経験を有し、その感想も述べましょう。

ニューヨークという街

ニューヨークは、マンハッタンという小島に経済そして娯楽の中心地が凝縮された地域です。
東京には東に丸の内、大手町、そして西に新宿、渋谷、池袋が位置し、マンハッタンよりも大きな地域を形成しています。少々観光的見地からの考察となってしまいますが、マンハッタンという狭い地域で、ビジネスが集約、しかも娯楽施設が集まり、セントラルパークという癒しの公園があります。
そして多くの人々はマンハッタン以外の地域に住むことになります。マンハッタン島の地下には地下鉄路線が複雑に敷設されており、移動には非常に便利性があり、そしてコンパクトにできている都市です。
反対に、東京は山手線の各駅周辺にビジネス拠点が散在しており、ある意味不便であると感じます。ニューヨークはコンパクトにビジネス、娯楽の拠点が集約されており、ビジネス客、そして観光客にとっては便利性が高く、不動産も高付加価値と言えます。それは後述する不動産価格にも表れています。

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

政治機構の中枢ワシントン

ワシントンは政治の中心地です。政治機能の議事堂、ホワイトハウス、各省庁、博物館が広大な土地に散りばめられています。こちらも地下鉄が充実しており、移動には便利、そしてニューヨークよりは、自動車での移動は容易だと筆者は感じました。
政治の中心地ということで、不動産のストックは旺盛であり、全米での第2位を誇っています。
シカゴとロスアンゼルスは広大な都市面積を有し、ストックの上位に連ねています。意外にもサンフランシスコは、16位と低い位置にいますが、筆者の最も好きな都市のひとつです。
のんびりとした土地柄でしたが、1990年代からのIT全盛時代に、サンフランシスコとその周辺地域ではアップル、グーグル、フェイスブックなどの企業が進出し、その業界の発展とともに、本社機能が拡大しています。
郊外のサンノゼも急速に発展を遂げており、不動産ストックも充実、そしてその結果の不動産価格上昇が近年著しいようです。

次のページ各地域の不動産価格

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。