市場開発には投資が必要だということ

2008.02.20

営業・マーケティング

市場開発には投資が必要だということ

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

「市場開発」 とは、より具体的には、 「新規顧客を獲得するための取り組み」 と言い換えられます。

なお、「市場開発」を実際に行うための

「基本理論」や「枠組み」、「ガイドライン」

などのことを

「マーケティング」

と呼びます。(ただし、マーケティングの適用範囲は、
「市場開発」だけに留まりませんが)

さて、この「市場開発」という言葉、
普段のビジネスシーンではほとんど使いませんよね。
(表現が硬いせいでしょうか)

しかし、もっと意識して使うべきではないかと、
ずいぶん以前から私は思っていました。

なぜなら、新規顧客を獲得するためには、
相応の資金を「先行投資」として投下することが
必要であるにも関わらず、その認識が薄い企業が結構多い。

だから、

「市場開発」

という表現を使えば、
目先の短期的な収支にとらわれない

「先行投資」

の重要性を意識しやすいからです。

「製品開発」は、明らかに先行投資ですよね。

‘柳の下のどじょう’製品はさておき、
純粋な新製品を開発しようとしたら、
市場に出すまでに数千万、数億、製品によっては
数十億円以上のお金を先行して投じるわけです。

しかも、新製品が100%ヒットする保証はありません。

製品開発に投じた莫大な資金が回収できるかどうかは、
蓋を開けて(上市して)みなければわからない。

しかし、継続的な成長のためには、

「製品開発」

のための投資が必要であることを
まっとうな企業(特にメーカー)は十分に認識しています。

だから、厳しい経営状況でも、
投資予算をなんとか確保しようとするわけです。

一方、新規顧客を獲得するためにもまた、

「相応の投資」

が必要なのだという認識は、
優良企業でも意外に薄いのが現実です。

新規顧客を獲得するためには、
相応のマーケティング予算を確保して、
十分な広告宣伝を行い、
製品の存在を認知してもらい、
またその特徴やベネフィットを潜在顧客に
知ってもらうことが欠かせません。

いまさら言うまでもないことですが、

「優れた商品なら黙っても売れる」

ということはまずないのです。
(運よくそうなることもありますが、
 事業を「運」だけに頼るわけにはいきませんよね)

結構前のことですが、
地方の某ソフトハウスが新たに開発したばかりの、
法人向けソフトウェアのマーケティング施策に
関わったことがあります。

このソフトは、今後法人ユーザーが間違いなく
必要とする機能を備えており、非常に有望な商品でした。

既に名の知られた競合他社が類似製品を出していましたが、
まだまだ市場導入期にある製品のため、この企業が
トップシェアを獲得することは決して無理ではないと
思っていました。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。