『もう戦争しかないね』なんて不況対策を口にしているアナタへ。

2009.02.18

ライフ・ソーシャル

『もう戦争しかないね』なんて不況対策を口にしているアナタへ。

中村 修治
有限会社ペーパーカンパニー 株式会社キナックスホールディングス 代表取締役

「財政政策」「金融政策」では不況の出口が見えにくい。最後の不況対策は、『戦争だ』。そんな、居酒屋会談をしているビジネスマンは多いと思う。ほんとにいいのか?いいわけないっ。

『戦争は科学を飛躍的に発達させるが、平和なスイスでは鳩時計しか生み出さなかった』は、映画「第三の男」の中の台詞である。たくさんの戦争とたくさんの発明は、皮肉なことに比例している。戦争に勝つために開発された技術が、豊かな暮らしを支えているという論は、その事例を並べてみると納得せざるをえない。
ベストセブンを選ぶとしたら、こんなところだろうか。


レトルト+フリーズドライ食品

美味しくて、栄養価も高くて、さらに長期保存できる。兵士用の携行できる長期保存食開発の技術が利用された。

パソコン+インターネット

コンピュータは、複雑なミサイル等の弾道計算を瞬時に行うために開発された。「コンピューター=計算機」と呼ばれていたのは、そのせいだ。さらに暗号解読の為に発展し、指揮命令系統の寸断防止のために開発されたアーパネットがインターネット技術へと発展した。

デジタルカメラ
フィルムを使用しない高高度撮影用のスパイ衛星のCCDカメラと電子メモリー技術が合わさって民間のデジタルカメラになった。

電子レンジ

ウィキペディアによると・・・電子レンジは兵器開発の途中で偶然生まれた物で、レーダー波発生用マグネトロン真空管を調理用に応用してできたものとある。発明者はアメリカ合衆国のレイセオン社 の社員でレーダー設備設置技師パーシー・スペンサー が、ポケットの中の食べかけのピーナッツ・クラスター・バーが溶けていたことから、マイクロ通信波が調理に使用可能であることが判明したとされる。

携帯電話
アメリカの携帯電話会社として知られているモトローラー社は、軍事用無線機メーカーとしても有名。軍用のトランシーバーや無線機の技術から、携帯電話は、生まれたのだ。

鉛筆+ボールペン
鉛筆は、ナポレオンのエジプト遠征のときにどこでも書けるように。ボールペンは、高空を飛ぶ飛行機の中で円滑に書ける筆記具として開発された。

カーナビ
GPSや車速パルス、ジャイロなどの自律航法装置を利用して、飛行機や艦船の位置を知る為の軍事技術であったものが民需に転用されたもの。

戦争は、設備投資なしに、武器等の大量の消費を生み出す。
世界的な大義名分があればお金が集まる。
兵士になる=大量の雇用機会を創造する。
武器で壊した街には、また資本がつぎ込まれ生産が生まれる。
戦争は、景気対策、デフレ対策には、もってこいな上に、前述のような技術革新の機会になる。

1941-45 第二次世界大戦
1950-53 朝鮮戦争
1960-75 ベトナム戦争
(1979-89 アフガニスタン危機)
1991- 湾岸戦争(イラク)
2001-03 同時多発テロ・イラク侵攻
大国・アメリカが、10年に一度、戦争をする+させることが、経済的にも必須なのである。

Ads by Google

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

中村 修治

有限会社ペーパーカンパニー 株式会社キナックスホールディングス 代表取締役

昭和30年代後半、近江商人発祥の地で産まれる。立命館大学経済学部を卒業後、大手プロダクションへ入社。1994年に、企画会社ペーパーカンパニーを設立する。 その後、年間150本近い企画書を夜な夜な書く生活を続けるうちに覚醒。たくさんの広告代理店やたくさんの企業の皆様と酔狂な関係を築き、皆様のお陰を持ちまして、現在に至る。そんな「全身企画屋」である。

フォロー フォローして中村 修治の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。