応募が殺到する求人票を書くために。自社の「SWOT分析」を実施しよう

画像: HRレビュー

2015.08.19

組織・人材

応募が殺到する求人票を書くために。自社の「SWOT分析」を実施しよう

HRレビュー 編集部
株式会社ビズリーチ

応募が殺到する求人票を書くためには、自社が伝えたいことを羅列しても届けたい相手に伝わらない可能性があります。 求める人材が欲しいと思うであろう情報を見極めるためには、まず「人材要件定義」と「自社分析」が必要です。今回は経営分析で使うフレームワークの「SWOT分析」を使った「自社分析」方法をご紹介いたします。

求人票を書くときは、ついつい自社が伝えたいことを羅列してしまいがちです。しかし、届けたい相手に的確に伝わらなければ、いくら書いてもまったく意味がありません。求人票を書く上で大切なのは、求める人材を明確にして、その人に向けたラブレターをつくること。企業が伝えたいことを羅列するのではなく、求める人材が欲しいと思うであろう情報を見極め、メッセージをつくることが大切なのです。そのための準備として必要なのが、誰に対するメッセージなのかを明確にするための「人材要件定義」と、「自社分析」です。今回は経営分析で使うフレームワークの「SWOT分析」を使った「自社分析」方法をご紹介します。

SWOT分析とは?

SWOT分析とは、組織を内部要因の「強み(Strength)」「弱み(Weakness)」と、外部要因の「機会(Opportunity)」「脅威(Threat)」の4つの軸から評価する分析手法です。これは、自社を取り巻く環境による影響と、それに対する自社の現状を分析することで、自社のビジネス機会の発見や、戦略の立案・実行に生かせるフレームワークですが、ここでは、応募が殺到する求人票に仕上げるための素材を見つけ出す手法として利用します。

■自社の「強み:S」と「弱み:W」を知る

自社の強みと弱みを知るために、まずは企業の内部環境、すなわちヒト・モノ・カネ・情報を主観ではなく客観的な事実に基づいて洗い出します。その際重要なのは、競合他社との相対評価として分析することです。

■外部環境の「機会:O」と「脅威:T」を知る

外部環境とは、政治動向や規制、経済・景気、社会動向、技術動向、業界環境の変化や顧客ニーズ、競合他社の状況など、自社の努力で変えられない要因を指します。これらの外部環境を洗い出し、「機会:O」と「脅威:T」を導き出します。

この4つの軸を以下のフォーマットで洗い出します。

SWOT分析

架空のインターネット企業がSWOT分析をしたと想定すると、以下のようになります。

S(強み)

・元CTOが複数人在籍する100名規模のエンジニアチームである

・会員数10万人の自社サービスを運営

・自社サービスを複数運営

・日本に事例のないマーケティング手法を媒体と共同で実施

・5年連続黒字を達成

・部署をまたいだ積極的なコミュニケーション施策

PR「人材獲得競争の勝ち方~会社の未来に差をつける新時代の採用ノウハウ~」無料プレゼント!

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

HRレビュー 編集部

株式会社ビズリーチ

採用課題を抱える経営者・人事担当者向け情報サイトです。

フォロー フォローしてHRレビュー 編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。