ドラマがヒント 「母子密着」「母が重い、しんどい」の4つの解決方法とは?

画像: (C)本宮輝薫

2017.03.30

ライフ・ソーシャル

ドラマがヒント 「母子密着」「母が重い、しんどい」の4つの解決方法とは?

内藤  由貴子
一般社団法人フラワーフォトセラピー協会 代表理事

「母が重い」、「しんどい」、「母子密着」と言う言葉をよく聞くようになりました。実際、セラピーでも、生き辛さを抱える娘が母にコントロールされているケースは、かなりあります。今年1~3月に評判だった、NHKのドラマ10「お母さん、娘をやめていいですか?」は、同様の悩みを抱えていた主に「娘」にそして「母」に気づきと共感を与えていたようです。そこで、ドラマから、心理セラピーを交え、対応までお伝えします。

「母子密着」、「母が重い」…という言葉

何度かドラマに見る心理相談とのつながりを書いてきました。

1~3月のドラマの枠で、NHKのドラマ10(金曜10時~)の「お母さん、娘をやめていいですか?」は、そういう意味で、なかなか興味深く拝聴しました。

最近、「母が重い」なんて言葉も聞きますが、斉藤由貴さんの母親役 顕子が、娘をコントロールして縛っていく姿に驚いて、「あんなお母さんいるのかな?」とのコメントも見たことがあります。

でも現実には、番組の掲示板には、ドラマを見た視聴者からの共感の声がとても多く載っています。
(番組が改編される時期なので、いつまで見られるか、わかりませんが)

さらに、娘の美月役の波瑠さんは、あの朝ドラ「あさが来た」では親の言うことをおとなしく聞くようなキャラではなかったのですが
ドラマ開始時は、母親に自分がコントロールされていることも、気づかなかったくらい、母親を無二の親友だと思って母と仲の良い主人公を演じています。

それが、彼氏となるハウスメーカーの松島(柳楽優弥さん)と出会ってから、自分が母と不自然な関係だと気づき始めます。
そんなところがイントロでした。


さて、時々、ご相談者さんのお話の中で、お母さんの存在が大きいと感じることは多いです。
多くは、お母さんの見えないコントロールがあるのに、気づいていない様子です。

いろいろなケースがありましたが、ディープな内容も多くありました。

多くは、経済的にも娘に依存していて、娘の結婚に難色を示す場合もありましたし
母親が娘の行動をすべてコントロールしているようなケースもありました。

それらの要素のほとんどが、このドラマでかなりカバーされていますが、

そのような場合、 母と娘が「共依存」と言う関係にあることが多いのです。

ドラマでは、母親は経済的に娘に依存はしていませんが、精神的に依存しています。
実際、娘がいなくなったら、母親はパニックになっていました。
娘が生きがいと言えば、聞こえはいいのですが、実は、この依存は、自分が望むように支配して縛る形で表れているのです。

一方、娘は母に寄りかかっているという感じはしません。母の期待に応えそれを実現することに、自分の存在意味を持っているかのようです。
つまり、母の期待に応え、支えることに、自分の役割を見出しているのです。
ここは、よくわかりにくいかもしれませんが…

母が娘に寄りかかって、娘はその寄りかかりを必死に支えている…
人という字のように。実はそんな図になっています。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

内藤  由貴子

一般社団法人フラワーフォトセラピー協会 代表理事

こんにちは。内藤由貴子です。花の写真でストレスを作る感情を分析、心理診断を行い、さらにその解消まで行うフラワーフォトセラピーのセラピストです。INSIGHTNOWでは、異色な存在かもしれませんね。このセラピーの普及のため、一般社団法人フラワーフォトセラピー協会を設立、講師の養成、セラピストの紹介を行っています。自身、色を使うオーラソーマ®をはじめ、セラピストとして16年あまりのキャリアです。このINSIGHTNOWでは、こころをケアに役立つようなコラムを書かせていただきます。よろしくお願いいたします。

フォロー フォローして内藤  由貴子の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。