外国公務員に対する接待の危険性 -国際取引にはご注意を-

画像: acworksさん

2016.09.13

経営・マネジメント

外国公務員に対する接待の危険性 -国際取引にはご注意を-

山室 裕幸
ネクサス経営法律事務所 弁護士

日本のビジネスマンであれば、市場規模の大きな海外でも勝負をしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。 今回は、国際取引に伴って、外国の公務員との関係を持つことになった場合に注意しなければならない点について、簡単にご説明していきます。

数年前、丸紅株式会社がインドネシアでの発電所建設契約を獲得するためにインドネシアの公務員に賄賂を支払う行為に加担したとして、連邦裁判所から約91億円というアメリカンサイズの罰金を科せられたことは記憶に新しいのではないでしょうか。この事件は、まさにFCPA違反で米国において日本企業が訴追されてしまった事例です。

このように、日本企業による外国公務員等に対する贈賄行為であっても、日本法ではなく米国法で処罰されてしまう場合があることから、海外にてビジネスを行う日本企業は、国内法のみならず、米国法をはじめとする海外の法律にも十分に注意を払っておかなければなりません。


連邦海外腐敗行為防止法(FCPA)の問題点

ところで、米国の国内法にすぎないFCPAが、あたかも国際法であるかのように海外企業にまで適用されるという点には疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

この点、米国がFCPAを域外適用する理由は、米国だけが外国公務員等に対する贈賄規制を厳格化するのであれば、米国の企業は他国の企業に比べて海外ビジネスにおける競争上明らかにハンデを背負うことになるため、これを防止することにあると考えられます。

確かに、米国が外国企業による外国公務員等に対する贈賄行為を米国企業と同様に一律かつ公平に罪に問うのであれば、国際競争がより公正なものとなることが期待できます。しかし、必ずしも米国がFCPAを各国の企業に対して一律かつ公平に適用する保証は一切なく、国際情勢などによって米国が恣意的にFCPAを運用してしまう恐れは十分にあります。また、米国司法省はFCPA違反の企業に莫大な制裁金を科すところ、これを米国政府が取得するという点にも疑問は残ります。

国際競争の公正さを担保する必要性があることは確かですが、その手段の公正さも担保しなければなりません。

したがって、全世界的に国際競争の公正さを目指していく現在の潮流に鑑みれば、米国の国内法にすぎないFCPAをあたかも国際法であるかのように域外適用して対処するのではなく、今後は、海外における腐敗行為を取り締まることを目的とした国際機関を設立するなどの方法を検討していくべきであると考えます。


最後に

今回は、外国公務員等に対する贈賄行為を規制する法律として、国内法である不正競争防止法上の外国公務員等贈賄罪と、米国法である連邦海外腐敗行為防止法(FCPA)について簡単にご説明いたしました。

この拙筆が、ビジネスにおいて外国公務員等と接する機会のある方々にとっての注意喚起となれば幸いです。


Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

山室 裕幸

ネクサス経営法律事務所 弁護士

ベンチャー企業、中規模企業等の企業法務を主軸とした弁護士業務のほか、セミナー講演、執筆活動なども行っております。

フォロー フォローして山室 裕幸の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。