優良企業の経営者はみな長期政権

2008.01.15

経営・マネジメント

優良企業の経営者はみな長期政権

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

世界最強の企業と言えば・・・? 近い将来、日本の「トヨタ」がそう言われる可能性も なきにしもあらずですが、現時点ではやはり、 「GE」(ゼネラル・エレクトリック) でしょう。

そしてGEと言えば、

“20世紀最高の経営者”

と賞賛された同社元CEO、ジャック・ウエルチ氏を
思い浮かべる方が多いと思います。

ウエルチ氏は、1981年から2001年までの20年間にわたって
GEを率いた後、現会長兼CEOのジェフ・イメルト氏に
その座を譲りました。

イメルト氏を後任に選んだ時、ウエルチ氏は、

「今後20年を託した」

と言ったそうです。
(日経ビジネス、2008年1月7日号)

自分と同様、GEの最高経営責任者は、
長期政権を前提として企業のリーダーを務めるということを
明確に述べたわけです。

GEの哲学は、

「結果を出せる長期的なチャンスを指導者に与える」

というものだそうです。

イメルト氏は、毎年日本に訪れて会うクライアント企業や
パートナー企業のトップが頻繁に変わること、そのため、
就任6年足らずのイメルト氏がCEOとしての在任期間が
一番長いことに驚いています。

イメルト氏は次のように述べています。

“私たちのビジネスからは、どうすれば

 「3年間のCEO」

 になれるのか、想像もできません”

これは、在任わずか3年間ばかりで、
CEOとしてのまともな仕事ができるはずがないだろう
という意味を込めているようです。

逆に言えば、業績を長期にわたって向上し続けるためには、
トップは長期的にその座にいなければならないということを
GEはわかっているということです。
(この哲学・考え方が正しいことは、GEの業績が証明していますね)

実は、日本でも上記のことを裏付けた実証研究があります。

三品和広氏(神戸大学大学院経営学研究科教授)は、
最近、上場企業1013社の過去50年間の財務データの分析を
行いました。

その結果、持続的な成長を続け、
過去最高益を何度も更新した「優良企業」122社では、
同じ経営者が長期間にわたってその座にあった点が
共通したそうです。

また、これら122社が成長を続けられた理由について、
三品氏は、

独自の「事業立地」

を選んだことにあるとしています。

事業立地とは、
端的には「ポジショニング」のことであり、
純粋な意味での「戦略」そのものです。

「戦略」とは、

「長期的な競争優位性を維持できるポジションを構築すること」

のことだからです。

ただ、「戦略」を絵に描いた餅ではなく、
現場の「戦術」にまで落とし込み、実際の「強み」(競争優位性)
にまで磨き上げるためには長い時間を要します。

したがって、優れた経営者が将来の変化を的確に読み、
適切な「戦略」を打ち出し、その戦略実現のため長期的に
リーダーシップを取り続けた企業こそが成長を持続できるのだ

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。