チームビルディングシリーズ:安全な場1   「本音が言えなければチームではない!」

2015.09.29

組織・人材

チームビルディングシリーズ:安全な場1   「本音が言えなければチームではない!」

斉藤 秀樹
株式会社アクションラーニングソリューションズ 一般社団法人日本チームビルディング協会 代表取締役 代表理事

チームを創る上でのステップ“チームを機能させるための中核「安全な場」について4回に渡ってお伝えします。第1回目の今回は、本音が言えない組織の問題点について考えていきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆本音が言えなければチームではない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「本音が言えなければチームではない」と聞いて複雑な心境になる方が

多いのではないかと思います。

ある人は「じゃあ、うちのチームはチームじゃない」

またある人は「本音なんて言えるわけない。そんなの無理」

様々な想いがよぎったと思います。

しかし、敢えて言います。「本音が言えなければチームではありません」

その真意について、これからお話ししていくことにします。

最初に種明かしをします。チームの定義についてです。

人が集まり集団を作ればそれが即、チームと言えるのか。

答えは

私たちが「チーム」と呼ぶとき、そこにあるものは

「活性化していて高い成果が出せる集団」です。

チーム成長プロセスで言えば、第3段階以降の集団をチームと

呼ぶのです。

それに満たない集団は単に「集団」とか便宜的に「組織」という

言い方をして区別しています。

更に違いを鮮明にしたいときは「無能な組織」「有能なチーム」と

言ったりもします。

それほど、集団、組織とチームは別物なのです。

その違いを生む重要な要素が「安全な場」です。

安全な場とは「非難否定の無い本音が言える場。或いは言い合える場」

を意味しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆なぜ、本音が言える「安全な場」がないのか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私たちはなぜ組織を作り、集団で仕事をするのでしょうか。

配属や所属は自分の意思とは関係なく決まる場合が多いですから、

私たちはチームの意味や意義について深く考える機会が無いままに組織で

働いています。

そして、自分の考えや価値観を尊重して行動するよりも、他者からの指示や

命令で行動せざるおえない状況が一般的です。それらは「やらされ感」と

「創造性の凍結」をもたらしますが、余りにもありふれた光景なので、

声高に異論を唱える人は稀です。

しかし、組織に居る当事者が誰一人、組織の価値や恩恵を感じることが

できないとしたら、そもそも組織を作る意味はあるのでしょうか。

私たちは様々機会に「なぜチームを作るのか」「チームを作る意味とは何か」

を問いかけてきました。

回答の多くは

・一人では創りだせない成果を得るため

・仲間がいることで喜びは倍増し、困難は半減する

・切磋琢磨することでお互いを刺激し合いより大きな成長を得る

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

斉藤 秀樹

株式会社アクションラーニングソリューションズ 一般社団法人日本チームビルディング協会 代表取締役 代表理事

富士通、SIベンダー等において人事・人材開発部門の担当および人材開発部門責任者、事業会社の経営企画部門、KPMGコンサルティングの人事コンサルタントを経て、人材/組織開発コンサルタント。

フォロー フォローして斉藤 秀樹の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。