『デジタルサイネージ元年』、今年こそ ホンモノか?

2015.09.07

IT・WEB

『デジタルサイネージ元年』、今年こそ ホンモノか?

赤秀 有為
エフィジェント株式会社 代表取締役コンサルタント

2007年頃から、『今年は、デジタルサイネージ元年になります!』といった触れ込みで 市場のブレイクを期待されたが、スルッと肩透かしを食らい、この『サイネージ元年』が翌年にスライドし、また翌年も同じ結果で、またスライドといったことが、2015年の今の今まで繰り返し続いて、「サイネージ元年は永遠に来ないのでは?」と囁かれている状況である。

今後について

今現在のサイネージ市場は、黎明期で、今後の予測がなかなか難しい状況にある。
ただ、このデジタルサイネージは、名前の通り、デジタルで、様々なデバイス・情報と連携でき、面白い発展を遂げる可能性がある。例えば、カメラ/音声/GPS/振動/天気などとの連携は、既に実用化されている。
カメラ連携では、サイネージの前にいる人をカメラで読み取り、その属性(30代女性など)を判定し、その人が好みそうなコンテンツに切り替えるといったものである。
振動連携では、駅のホームにあるサイネージで、女性モデルの静止画が表示。ただ、振動で電車が来る事を検知したら、そのモデルの髪やスカートがなびくといったものである。実際見ると、静止画が急に動き出す驚きと面白さで目が奪われる。
今後も、現時点では思いもよらないものとの連携が実現されるであろう。人の所有する家電/冷蔵庫と連携したり。人の行動パターンと連携したり。もしかしたら、人の体や脳と連携する世界になるかもしれない...

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

赤秀 有為

エフィジェント株式会社 代表取締役コンサルタント

1973年 千葉県生まれ。慶應義塾大学 環境情報学部卒。IBM/サン・マイクロシステムズ/PwCコンサルティング社にて、いずれもコンサルタント職として計10年在籍。その後、エフィジェント社の代表コンサルタントとして、新規事業立ち上げ支援やBPR/ERP導入支援を遂行。現在、BPR経験と業務ミドルウェアソフトでの開発経験を活かし、RPA導入支援に注力。 *UiPath社認定 RPA Developer Foundation Diploma 資格保有

フォロー フォローして赤秀 有為の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。