調達購買人材はプロフェッショナルかゼネラリストか

2015.08.19

組織・人材

調達購買人材はプロフェッショナルかゼネラリストか

野町 直弘
株式会社クニエ プリンシパル

人材育成でプロフェッショナルかゼネラリストかという議論がよくありますが、大切なのは業務経験をいかにスキルのレバレッジに効かせていくか、というお話です。

人材育成は調達購買部門に限らず全ての部門にとって大きな課題となっています。一方で人材育成という観点からキャリアについてよく聞かれることがあります。

それは「調達購買人材はずっと調達購買部門を経験(事業部や事業所間の調達購買部門での異動はあるものの)していくのが良いのか、それともローテーションの一環として調達購買部門にある一時期属するのが良いのか、」という投げかけです。
要するに「調達購買人材はプロフェッショナルなのか?ゼネラリストなのか?」

また中でもよく聞かれることとしては「どちらのパターンが日本企業の中でより一般的(多い)か?」ということです。これに対しては一概にどちらがよいとは言えません。
またどちらが多いかと言われても、「両方のパターンが混在している」というのが答えになります。また同じ企業の中でも両方のパターンの人材が混在している、というのが実情です。

欧米企業では、調達購買人材はプロフェッショナル型です。ここでは調達購買職は専門職であり、場合によっては自身のスキルを活かして多くの企業を渡り歩くこともごくごく普通に行われます。
こういったプロフェッショナルをまとめるマネジメントになるためには、マネジメントの勉強やスキル育成を行わないとその職には就けません。これが一般的であり、調達購買部門出身でない人材がCPO(最高購買責任者)や部門長に就くことはあり得ないことです。

日本企業はそうとは限りません。
実際に調達購買部門長は、調達購買プロパーの人材もいれば開発、営業部門から異動してくる人材もいます。また調達購買部門から一度他の部門に異動し、また戻って来る人も少なくありません。

欧米企業型と日本企業型、日本企業型の中でもプロフェッショナル型とゼネラリスト型が混在していますが、人材育成という面や企業に対する貢献ということを考えるとどういう方向が良いのでしょう。

あくまでも私自身の経験等を踏まえての私の考えですが、プロフェッショナルにしてもゼネラリストにしても共通して言えることは、「違う仕事の経験はすべき」ということです。
つまり調達購買部門から外に出て違う職種や部門の仕事を経験することで人材育成につながると考えています。

私は調達購買職の経験は社会人として必要なスキル育成にたいへん役立つものと考えます。特に、正しいモノや目指すべきトコロが単純明解でないという点が人を育てる要因の一つです。調達購買職は常に自社の利益だけでなく、取引先の育成や利益確保もしなくてはいけません。つまりトレードオフな状況の中で様々な検討や最適な意思決定をしなければならない、このような環境は他の部門にはない環境です。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

野町 直弘

株式会社クニエ プリンシパル

NTTデータグループのコンサルティング会社である株式会社クニエの調達購買改革コンサルタント。 調達・購買分野に特化したコンサルティングを提供している株式会社アジルアソシエイツの元代表。 自身も自動車会社、外資系金融機関の調達・購買を経験し、複数のコンサルティング会社を経由しており、購買実務経験のあるプロフェッショナルがサービス提供を行います。

フォロー フォローして野町 直弘の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。