「王様」という新しいコスト削減手法がある

2013.10.15

経営・マネジメント

「王様」という新しいコスト削減手法がある

坂口 孝則
未来調達研究所株式会社 取締役

これまで語られることのなかった。「王様」コスト削減。調達・購買の世界に新たな風が吹こうとしている。それはすべてを破壊しつくすコスト削減手法ではあるのだが--。

むかしむかし、ほんとうにむかしのお話です。

購買王国の王さまは、4月になるとたくさんのサプライヤーを集めては「今年度のテーマは調達改革です」というのでした。毎年ずっと同じことを繰り返すので、サプライヤーのみんなは「あそこの調達改革っていうのはいつ終わるんだろうね」と不思議でした。購買王さまは「生き残りをかけて取り組みます」「おそろしい海外勢とたたかうためです」と何度もいうのでした。サプライヤーのみんなは、口には出せませんが「生き残りをかけるったって、王さまはあと3年で定年じゃないか」と思っていました。

王さまは「もし、ウチのやり方で改善すべきことがあったら、いつでも言ってきてください」とサプライヤーに言いました。すると、サプライヤーのひとりが手をあげました。「この前、王さまの部下である購買平民が、ぼくたちに『1万個発注するから』といったので1万個生産したら、まだ2000個ほどの注文しかなく、在庫がぱんぱんです。どうしたらいいのでしょう」と泣きそうな顔でうったえました。

王さまは腕を組んで、しばらく考えて答えました。「はい……。それは善処しましょう。考えます」。サプライヤーはそれに質問しました。「善処っていうのはどういうことですか?」。すると、その隣のサプライヤーが突然立ち上がり、質問したサプライヤーを怒鳴りはじめました。「購買王さまのいう、『善処』『考える』っていうのは、何もしないってことなんだ! キミは何年サプライヤーをやっているのかね!」。さすが、王さまのサプライヤーは教育が行き届いています。不埒なことをいうサプライヤーは、違うサプライヤーから教育的指導を受けるのです。

さすが、さすが。

まだ購買王さまのスピーチは続きます。「私たちは、運命共同体です。困りごとがあったら、いつでも相談してください」。すると、違うサプライヤーのひとりが手をあげました。「納入製品価格の値上げを許してほしいんですが……。実は、それが一番の困りごとで……」。このサプライヤーも泣きそうな表情でした。

王さまは腕を組んで、しばらく考えて答えました。「なるほど……。それは担当者の購買平民には相談していただけましたか? きっと彼なら親身に相談に乗ってくれるはずです」。すると、サプライヤーは「いや、なかなか話すらできる機会がなくて」と涙目です。すると、今度は違うサプライヤーが立ち上がり、またしても質問したサプライヤーを怒鳴りはじめました。「お前、何を質問しているんだ! 値上げ申請の電話にはそもそも出ないっていうのが、購買担当者さんの価格抑制スキルだろう! キミは何年サプライヤーをやっているのかね!」。さすが、サプライヤー間の教育指導がまたしてもなされました。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

坂口 孝則

未来調達研究所株式会社 取締役

大阪大学卒業後、電機メーカー、自動車メーカーで調達・購買業務に従事。未来調達研究所株式会社取締役。コスト削減のコンサルタント。『牛丼一杯の儲けは9円』(幻冬舎新書)など著書22作。

フォロー フォローして坂口 孝則の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。