「たった1人」を確実に振り向かせると、100万人に届く。

2012.10.24

ライフ・ソーシャル

「たった1人」を確実に振り向かせると、100万人に届く。

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

気鋭のマーケティング・コンサルタント、阪本啓一氏の最新著作、 『「たった1人」を確実に振り向かせると、100万人に届く。』 では、現在のビジネス環境は非連続に変化しており、それは、「革命」とも呼べるほどの大きな変化であることから、マーケティングで成果を出すためには、 「新しいアプローチ」 が必要だと提唱しています。

本書で展開されている「新しいアプローチ」、すなわち「新しいマーケティング」において最も重要な点は、

「顧客のこころとの感情的絆づくり」

です。

今、私たちは、生活者・顧客がパワーを持つ

「第4の革命」

のまっただなかにいます。

一方、企業が生活者・顧客に対して発信する情報量はあまりに多過ぎるため、

「うるさすぎて、届かない、伝わらない」

という状況。「アテンション(注目)」はもはや希少資源なのです。

したがって、マス広告主体の伝統的なマーケティングを通じて、

「アテンション(注目)」

をばくち的に得ようとするのではなく、ゆっくり、じっくり、顧客との関係性を育む

「顧客エンゲージメント」

に取り組むしかないというのが阪本氏の基本的な考えです。

そこで、まず集中しなければならないのは、顧客セグメントでも、架空の人物に過ぎない「ペルソナ」でもなく、今、目の前にいる人、あるいは、PCやスマートフォンの画面の向こう側にいる生身の人間、すなわち、

「たった1人」

の興味関心、すなわち

「インタレスト」

です。

マーケターは、たった1人のインタレストを満たすことをまず考えなければならない。

なぜなら、顧客は、製品・サービス自体を購入しているのではなく、自分の

インタレスト(興味・関心)

を満たしてくれる、

アイデア(製品やサービスがしてくれること)

にお金を支払っているからです。

そして、その人は自分が持つインタレストが何らかの製品・サービスで満たされると、思わず誰かに伝え、シェアしたくなるもの。

私たちはそれぞれ複数の様々なインタレストを持っていますが、同じインタレストを持つ人々と「コミュニティ」を形成しています。したがって、「たった1人」のインタレストを満たせる優れた製品・サービスを開発し、‘情熱と手間をかけた’対話を行なうことで、自社製品はクチコミを通じてコミュニティに拡がっていくのです。

阪本氏は、

「コミュニティは最強のマーケティング・メディア」

であり、新しいマーケティングとは、自社製品・サービスの独自の価値を形成する「コア・アイデア」を顧客から顧客へと感染させることが核になると主張しています。

また、このためには、製品・サービスを

「ブランド」

としてつくることも、阪本氏は重視しています。

ブランドとは、他社にはない価値(とんがり)を提供することであり、「らしさ」を感じさせること。ブランドをつくることで、「売る」のではなく、

「顧客に選ばれる」

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。