行動経済学と「精緻化見込みモデル」

2012.07.05

営業・マーケティング

行動経済学と「精緻化見込みモデル」

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

行動経済学の権威、ダニエル・カーマンは、私たちの「思考(判断や意思決定)方法」には「2つのシステム」があることを示しています。

この「精緻化見込みモデル」は、様々なカテゴリーの商品に対して意思決定プロセスが異なることを説明するモデルとして有益でした。ただ、実際に、マーケティングコミュニケーションを組み立てることにはそれほど役立たなかったのが実情です。

しかし、前述したように、行動経済学では、意思決定に影響を与える様々なヒューリスティックス、バイアスについての豊富な知見があり、実は、マーケティングコミュニケーションでは、行動経済学的知見を意識的(あるいは無意識的)に活用してきたのです。

したがって、消費者行動の理解を深めるためには、積極的に行動経済学を学ぶことをオススメしたいと思います。

*参考記事
 『デュアルプロセッサ・ブレイン』

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。