お父さん、フェースブックやってなくても心配すんな。

2012.05.18

ライフ・ソーシャル

お父さん、フェースブックやってなくても心配すんな。

増沢 隆太
株式会社RMロンドンパートナーズ 東北大学特任教授/人事コンサルタント

いよいよフェースブック(以下FB)上場ですよ、お父さん。今や世界はFBです。FBによってこの世総てが回っています。FBやってないなんて、ケンコバ風に言えば「正気ですか?」です。やってないお父さんはどうすれば良いでしょうか。

お父さん、ご存知ですか。いきなり夕刊紙の○○記事みたいですな。いや周りの中年から「俺もいよいよFBやんなきゃいかんのかな」と4人から聞かれたので、めんどくさいからコラムに書いてみました。ウソです。ちゃんとジャーナリスととしての使命感で報道とジャスミン革命のために書いています。ペンは剣より強し。

あせるお父さん、mixiやってますか?ツイッターは?ニフティサーブは?パソ通は?「時代はセカンドライフとの連動」だと断言してた広告代理店のプレゼンしてた人、今どこ?
結論から申しますと別にやんなくたってどーってことない、と思います。朝日新聞がお年寄りにまでFBのやり方みたいなのを解説記事書いていますが、どーなんでしょ。「インターネット」が何であるかを知らずにFBやるなんて、私から言わせればそれこそ「正気ですか?」です。

少なくとも便所の落書きと呼ばれる世界に踏み込む覚悟がないなら止めておいたほうが無難でしょう。FBは実名というタテマエですし、またその検索機能から勝手に昔の知り合いやら同級生やら元カノやら元カレやら、取引先まで、勝手に探し出してくれます。自分に探してくれているということは、おそらくインターネットの中に住んでる妖精さんはご自分の個人の人間関係も、同様に他人に伝えているのではないのでしょうか??

「mixi疲れ」なんて言葉が2006年ごろありました。SNSでの付き合い上、訪問してくれたら訪問し返したり、日記にコメントしてくれたら同じく返すとか、趣味のコミュニティでは「くっだらねー」と思っても「ステキ!」ってコメントしないと死刑になるとか、そんなばかばかしいことに疲れてmixi止めてしまうことをそう呼んだみたいです。

FBはもっと疲れますよ。何たって実名ですから。取引先はもちろん会社の同僚や上司や部下やご近所さんなど、有象無象がご自分のページを見に来る訳です。さらには日記(的なもの)を書けばわざわざメールでFB上の「友達」には知らせが飛んで行きます。
しょーもない家族旅行だの、「おいしいもの食べましたぁ」だの書いたりしたら、そりゃもう赤っ恥・・・・はかきません。
みんなそうだから。
(すみません、FBファンを完全に敵に回してますが、私自身含めたIT原始人向けに書いております。きちんとFBライフを堪能されている地球上の9億人の人「以外」を想定しておりますのでお許しを)

んじゃそんだけ書いてる私はどうかといえば・・・・やってまーす。FBもツイッターも(セカンドライフはさすがにバカバカしくて手も出してない)。
ただログインもそんな頻繁にしてないし、ツイッターじゃ犯罪自慢出来ないし(やってません、やってません。おロープ頂戴するようなことわ!)

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

増沢 隆太

株式会社RMロンドンパートナーズ 東北大学特任教授/人事コンサルタント

芸能人から政治家まで、話題の謝罪会見のたびにテレビや新聞で、謝罪の専門家と呼ばれコメントしていますが、実はコミュニケーション専門家であり、人と組織の課題に取組むコンサルタントで大学教授です。 謝罪に限らず、企業や団体組織のあらゆる危機管理や危機対応コミュニケーションについて語っていきます。 大学や企業でコミュニケーション、キャリアに関する講演や個人カウンセリングも行っています。

フォロー フォローして増沢 隆太の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。