人工生命体Boidsの基本ルール

2007.11.07

仕事術

人工生命体Boidsの基本ルール

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

空を飛ぶ鳥の群れや、あるいは 水の中の魚の群れとそっくりの動きをする コンピュータ・シミュレーションがあります。

これは、ソニーコンピュータエンタテイメントの
米国研究開発部門で働く、クレイグ・レイノルズ氏が
開発した「人工生命体」です。

「Boids」(ボイド)

と名づけられています。

*シミュレーションはこちらのURLで見ることができます。
http://www.red3d.com/cwr/boids/index.html

まるで生きているかのように、
群れをなして飛び回るボイドの動きは、
次のわずか3つの行動ルールに基づいているだけです。

-----------------------------------

1 セパレーション(Separation):分離

  →仲間に近づきすぎたら離れる

2 アラインメント(Alignment):整列

  →仲間と同じ方向に同じ速度で飛ぶ

3 コアージョン(Cohesion):凝集

  →仲間の中心方向に飛ぶ

------------------------------------

「Boids」の動きは、
鳥でいえば「飛行」を模したものになっていますが、
鳥と同じく

「群れる動物」

である「人間」の社会的活動の多くは、
こうした基本的なルールが背景にあると考えても
いいのではないでしょうか。

以前から何度か書いてきたように、人間の3大本能は、

・食欲
・性欲
・集団欲

です。つまり、食欲、性欲と並んで、

「群れたい」

というのはDNAに埋め込まれた本能です。

これは、上記の3つのルールの中では、

・コアージョン:凝集

に該当する行動になるかと思います。

要するに、仲間同士で寄り集まること。

こうして、外敵から身を守ったり、
お互いに助け合って生きていこうとするわけです。

さて、集団を維持するためには、
構成員があまり身勝手な動きをするわけにはいきません。

そこで、お互いの動きを見ながら同調しようとします。

これは、

・アラインメント:整列

のルールに該当しますね。

社会現象におけるトレンド、ブームの発生は
結局のところ、こうした、他の人に合わせようとする
行動が根底にあるということだと思います。

ついでながら、他の人の意見や行動に基づいて
物事を判断したり、自分の行動を決める傾向のことを
社会心理学では、

「社会的証明」

と言います。

さて、人は群れたがるとはいえ、
一方で「個」としてのアイデンティティを維持したいとう
欲求もあります。

自分という存在を他と明確に識別したいということです。
このため、必要以上に近づきすぎるのを避けようとする。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。