思索の種~「原因と結果は一体」という話

2012.02.14

仕事術

思索の種~「原因と結果は一体」という話

村山 昇
キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

スティーブ・ジョブズが「禅」に傾倒していたと日本人は誇らしげに語るが、当の私たちはどれほど自国が育んだ思想・哲学を知っているだろうか。きょうはその1つ「因果倶時・因果一如」を見つめてみる。

 そうした中で私たちは、東日本大震災後に多くのボランティアが全国から駆け寄り、無償の汗を流しながら、とてもよい笑顔を見せる光景に数多く触れた。それは「利」を求めての行為ではなく、「善」の行為であった。「善」の行為は、内発的動機であり、それをやること自体がすでに報酬なのだ。つまり、因果一如の姿だ。

 「善」に関わる仕事内容───つまり他者の喜ぶ顔や社会貢献につながっている仕事は、それ自体で報われる。

 「真」に関わる仕事内容───つまり科学者の研究のように真実を追求する仕事は、それ自体で報われる。

 「美」に関わる仕事内容───つまり自分の美意識のもとに創造をする仕事は、それ自体で報われる。

 私はここで、だから「安い給料でもよい」と言っているのではない。給料は経営にきちんと目を張って、相応のものをもらうべきだ。
 ここで私が主張したいのは、一人一人の働き手が、一つ一つの組織が、仕事・事業の向け先として「(経済的)利」追求に偏った流れから、「善的なもの」「真的なもの」「美的なもの」にシフトさせていく努力を怠ってはいけないということだ。

◆ニッポンを強くするコンセプト・観念・哲学はすぐそこにある
 そんなキレイごとを言っていたら、熾烈なグローバル競争の中で勝っていけないと少なからずの経営者は言うかもしれない。しかし、低価格路線という「利」の競争次元で戦えば、日本は新興諸国に負ける可能性が大きい。
 むしろ、知恵や技や感性をもった日本は、位相を変えて戦うところに勝機がある。すでに米国のアップル社は「美」的次元で独り勝ちをしている。

 社員に対して、「利」の価値一辺倒で危機意識を煽るやり方は限界がきている。「善」「真」「美」といった価値を軸に据えた仕事観・事業観のもとに、「働きがいのある」職務・職場に変えていこうと努力をする組織、そして意義やビジョンを雄弁に語ることのできるトップ・ミドルがいる組織は、結果的にしぶとく生き残っていくだろう。
 「そんな青臭い正論など抽象論議に過ぎない」……こう思われる読者もいるかもしれない。が、そんな正論めいた抽象論議を真正面からとらえて、具体的に、働くことのあり方や事業のあり方、組織のあり方を進化発展させていくのが、先進国ニッポンの真のチャレンジテーマではないのか。

 スティーブ・ジョブズが東洋の禅思想に傾倒していたと日本人は誇らしげに語るが、当の私たち日本人はどれほど自国が育んだ思想・哲学を知り、現代に蘇生させているだろうか。

 「その行為にやりがいがあり、その行為をやった瞬間にすでに報われている」=「因果一如」───過去の賢人たちが残してくれたこうしたコンセプトは、抹香臭い観念ではなく、新しい時代に生かすべきアドバンテージであり、テコであり、武器なのだ。
 そしてこれを見事にやってこそ、ニッポンは再び力を得るだろうし、先進国として、文化発信国として、存在感を増すようになる。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

村山 昇

キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

人財教育コンサルタント・概念工作家。 『プロフェッショナルシップ研修』(一個のプロとしての意識基盤をつくる教育プログラム)はじめ「コンセプチュアル思考研修」、管理職研修、キャリア開発研修などのジャンルで企業内研修を行なう。「働くこと・仕事」の本質をつかむ哲学的なアプローチを志向している。

フォロー フォローして村山 昇の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。