義援金寄付の事実を企業がPRすることの是非。

2011.03.18

経営・マネジメント

義援金寄付の事実を企業がPRすることの是非。

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

多くの企業が、今回の震災に対する義援金拠出を表明しています。すでに記事化した通り、僕の勤務先(Z会)でも2,000万円を寄付することを決定しております。 この決定を皆様に告知する際に、どのような姿勢で臨んだか…あくまで一社員として僕ができることは、と考えた上での一部始終を。

だから、僕を始めとし、中間管理職的な立つ位置の仕事としては、ボトムアップの発案にトップダウンの決定が行われて決定した今回の事実を、企業として効果のあるように何かをすべきことなんです。
そして、ブログやツイッターなどの媒体を継続的に運営している僕の仕事は、事実をPRすること。
そう思い、前回の記事やつぶやきを書かせていただきました。

本質が「良」である今回の義援金拠出であれば、PRすることが企業活動として最も効果を高めることになると信じて。

実際、冒頭に述べたニュースにとりあげられました。
ニュースを見て反響を沢山頂戴しました。
その反響を分かる範囲ですべて上申した若手社員と決定した幹部に届けました。

そして、チームワークが生まれました。
このチームワークは、お客様へのサービスを良いものにする原動力になります。

今回の決定事実と、決定までのスピードは、一社員としてほんとうに「この企業で働いていて良かった」と思えるものでした。
是非この組織風土が、本記事をご覧頂いている企業にも広まることを祈りつつ。。。

そのことでより一層、被災者の支援行動に動く企業を一つでも多く生み出せると信じ。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。