メッセージ&コンテクスト

2011.03.01

経営・マネジメント

メッセージ&コンテクスト

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

この10年ほど、マーケティングにおける'キーワード'としてずっと頭に引っかかっているのが、「コンテクスト(文脈)」という言葉です。

また、2002年の『ブランド戦略シナリオ-コンテクスト・ブランディング』(阿久津聡、石田茂著、ダイヤモンド社)において既に、商品を売るための下地としての「新たな文脈創造」の方法が紹介されていました。

情報過多の今、情報の解釈は大変面倒なものになっています。ですから、マーケティング・コミュニケーションが高い効果を達成するためには、メッセージ本体に加えて、ますます「コンテクスト」を重視しなければなりません。

私たちマーケターは、優れたキュレーターにならなければならないということになりますかね。

『キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる』
 (佐々木俊尚著、ちくま新書

『新版 戦略PR 空気をつくる。世論で売る。』
(本田哲也著、アスキー新書)

『ブランド戦略シナリオ-コンテクスト・ブランディング』
(阿久津聡、石田茂著、ダイヤモンド社)

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。