リーダーが忘れてはならない意欲の構造

2010.04.15

組織・人材

リーダーが忘れてはならない意欲の構造

今野 誠一
株式会社マングローブ 代表取締役社長

「意欲」の正体を解き明かし、それを高める方法をご紹介。

一見やる気に溢れている人でも、難しい仕事への挑戦をものにできずに自信を失ったような場合には、やる気を失っていく場合もあります。ですから、元々やる気のある人であっても放置せずに、きちんと認知してあげることは省略できないということです。

挑戦的な仕事を与え、少し背伸びする目標を設定し、認知→効力感のループをちゃんと作るということをリーダーができるかどうかが分かれめです。「意欲を高めさせよう」と身構えて何か特別なことをやるのではなく、一つひとつの仕事を通じて、生み出されていくものではなくてはならないと思っています。

それらのことは、必ずしも上司だけでやるべきものではないというのもポイントですね。

同僚同士が認め合ったり、ライバル関係として切磋琢磨しあったり、お客様の声がいつも反映されるような「仕組み」を作ったり、要は「環境づくりに取り組む」という意識も必要であると思います。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

今野 誠一

株式会社マングローブ 代表取締役社長

組織変革及びその担い手となる管理職の人材開発を強みとする「組織人事コンサルティング会社」を経営。 設立以来15年、組織変革コンサルタント、ファシリテーターとしてこれまでに約600社の組織変革に携わっている。

フォロー フォローして今野 誠一の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。