部下が見切りをつける上司とは…!?

画像: acworksさん

2010.04.28

組織・人材

部下が見切りをつける上司とは…!?

今野 誠一
株式会社マングローブ 代表取締役社長

組織には、機能する上司とそうでない人がいるが、その違いは一体何のか。陥らないために何をするべきかをご紹介する。

先日、ある研究会で「上司とは?」という禅問答のようなコーナーがありました。このように、わかっているつもりというか、当たり前だと思っていることについて、あらためて自分に問いかけてみることは大事なことですね。研究会の中身は書けませんので、今回は自分なりに「上司」について書いてみたいと思います。

さて、上司には2種類の上司がいるんじゃないでしょうか。
ここでは、上司を「管理職」という意味合いで言ってるわけなんですが。

「機能している上司」と「機能していない上司」の2種類の上司がいます。機能していない上司とは、給料もらって会社には来ているけれども、いてもいなくてもいいという上司。機能してる上司とは、信頼され、尊敬されている上司であります。

上司は、いつも信頼されていなければならない。
上司は、いつも尊敬されていなければならない。

これは絶対条件であると、ボクは思っています。信頼と尊敬がなければ、共感が生まれない。共感が生まれなければ、上司は組織の核になりえない。

信頼とは、裏切らないということ。「この人のことだから、こういう風にしてもくれるだろう」という期待を、いつも裏切らないということ。「この人の言うことだから聞いてみよう」という気になる話をいつもしていること。「この人は言っているだけでなく自らやっている」と、言行一致の人であること。実は、尊敬とは、そうした信頼の積み重ねから生まれる感情なんですね。

もう一つ大事なことに「信頼のジャンプ」という言葉があります。信頼にはジャンプする瞬間があり、その瞬間を迎えれば信頼が強固になっていきます。それでは、それはどういう時なのでしょうか。

「普通に考えたら、それはできないだろう、と思われることを上司がやってのけた時」「普通に考えたら、そこまではやらないだろう、と思われることを上司がやってのけた時」その上司への信頼はジャンプして、尊敬に変わります。

例えば、難攻不落と思われた大口案件のプレゼンに上司が臨み、見事に受注してきた、とか。商品開発のブレストで、はまりにはまって暗礁に乗り上げかけた会議を、上司がものの見事に再整理して全員の目の前が開けた、とか。部下の一人が不振にあえいでいる時に、なじるような言葉を一切言わずに見守り続け、商売のネタのヒントを与え、地道な努力で立ち直らせた、とか。目標達成を諦めかけていたところへ、上司の人脈で立て続けに受注を積み上げ、奇跡的な目標達成をもたらした、とか。社員が不慮の事故で長期入院を余儀なくされて、精神的にも落ち込んでいる時に、退院するまで毎日手紙を書き続けた、とか。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

今野 誠一

株式会社マングローブ 代表取締役社長

組織変革及びその担い手となる管理職の人材開発を強みとする「組織人事コンサルティング会社」を経営。 設立以来15年、組織変革コンサルタント、ファシリテーターとしてこれまでに約600社の組織変革に携わっている。

フォロー フォローして今野 誠一の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。