「経営の同志」育成する第一歩は、社長の意志への共感

2010.03.06

組織・人材

「経営の同志」育成する第一歩は、社長の意志への共感

今野 誠一
株式会社マングローブ 代表取締役社長

昨今の経済情勢を踏まえた幹部育成のあり方

そこで、事前に社長の半生、特に創業のきっかけとなったドラマ、
会社や社員への思い、そして将来への夢など、あらゆる角度から社長を
徹底分析した「解体新書」と銘打った社長のミニ伝記を制作し、
それを教材にした幹部研修を行いました。

(1)「社長の解体新書」を幹部全員で熟読する。
(2)「社長の考え方で共感する部分」「社長が幹部に期待していること」
   「社長への疑問」について個人で考えをまとめる。
(3)グループディスカッションを行い、個人で考えた内容をすり合わせて発表する。
(4)各グループの発表内容について社長から率直なコメントをしながら
   全体ディスカッションを行い、社長への理解を深めながら
   経営について語り合う―ことを実施しました。

 社長の考えを知るということについて、一杯酌み交わす程度で
終わらせるのではなく、A社のようにきちんとエネルギーを使って
じっくり行うことが、「経営の同志」を育成する第一歩となるのです。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

今野 誠一

株式会社マングローブ 代表取締役社長

組織変革及びその担い手となる管理職の人材開発を強みとする「組織人事コンサルティング会社」を経営。 設立以来15年、組織変革コンサルタント、ファシリテーターとしてこれまでに約600社の組織変革に携わっている。

フォロー フォローして今野 誠一の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。