「忙しい」「時間がない」というコトバは、いかにカッコ悪いのか

2010.03.05

組織・人材

「忙しい」「時間がない」というコトバは、いかにカッコ悪いのか

新田 龍
株式会社ヴィベアータ、株式会社就活総合研究所 代表取締役

「忙しい」、「時間がない」を連発する人たちはそこかしこに存在しています。 そんな人たちは一体どういう意識をお持ちなのでしょうか。 考えてみたところ、結論はこのようになりました。

やはり、そのような立場であればあるほど、「時間は創るもの」だと認識されているからなのかも知れません。

●今日からできること

皆さまも、日常生活での些細な会話、ご留意頂くに越したことはありません。 たとえ本当に予定が詰まっていて時間がないときだとしても、

「当面時間がなくて・・・」

と言ってしまうということは、

「あなたとの予定は優先順位が低いんです」

と言っているのとイコールに聞こえてしまっているかもしれませんので。

そのような場合なら、

「お互い時間創って、このあたりにしますか!」

というところまで決めてしまうのがいいでしょう。 

何事にも前向きな姿勢で物事を捉えるほうが、長期的にはプラスになって返ってくるに違いありませんから。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

新田 龍

新田 龍

株式会社ヴィベアータ、株式会社就活総合研究所 代表取締役

キャリア教育プロデューサー ブラック企業アナリスト 大学講師 HRMストラテジーコンサルタント JCDA認定キャリアデベロップメントアドバイザー 日本キャリア開発協会、東京商工会議所会員 早稲田大学卒業後、東証一部上場企業で経営企画、事業企画を経験。 その後人材サービス大手企業にてコンサルタントおよび人事採用担当等を歴任。 現在は人事戦略とキャリア教育に関するコンサルティング会社を2社経営。

フォロー フォローして新田 龍の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。