渋谷駅に『立ち食いどん兵衛』登場 その意図は何だ?

2009.10.08

営業・マーケティング

渋谷駅に『立ち食いどん兵衛』登場 その意図は何だ?

金森 努
有限会社金森マーケティング事務所 取締役

 渋谷駅山手線内回りホームに、リニューアル発売された「日清のどん兵衛」うどんシリーズをその場で食べられる『立ち食いどん兵衛』が登場した。

<渋谷駅に「どん兵衛」の立ち食いアドスタンドがオープン>(アメーバニュース)
http://news.livedoor.com/article/detail/4383049/
 日本レストランエンタプライズとジェイアール東日本企画が共同で出店している広告ラッピングカフェ「アドスタンド」が行う、10月1日から25日までの期間限定展開である。

 「日清のどん兵衛」はぶっといのどごしの『ぶっとうどん』にリニューアルした。そのリニューアルをアピールするため、巨大どん兵衛オブジェを渋谷109前に設置したという。
 だが、どれぐらい「ぶっとい」のかといえば、従来比約120%のめんの厚みだという。が、なかなか120%といわれてもピントこない。そこで、駅のホームで体感させようというしくみである。

 渋谷でカップ麺といえば、今年9月18日に開催された過去最大・カップヌードル3万個が無料配布されたイベント『9.18 HAPPY BIRTHDAY カップヌードル in SHIBUYA 2009』が思い起こされる。無料配付に人だかりし、現場はかなりの混乱をきたした。しかし、今回は200円、しっかり有料だ。
 但し、この200円という価格、駅で食べる麺類といえば立ち食いそば屋うどんであるが、カップ麺とはいえ、純粋に価格で比較すればかなりオトクであるとも考えられる。

 「アドスタンド」では、過去に角川メディアハウス発行のフリーペーパー「シネコンウォーカー」がスポンサーとなり、毎月1本、映画をテーマにした「Cinema Cafe」を展開していた。映画情報を提供し、映画グッズを販売するほか、JR東日本グループで駅弁などを手がける、日本レストランエンタプライズが自家製「たまごドック」と4種類のホットドックを中心に、コーヒーや各種ソフトドリンク、ポップコーンなどを販売していた。映画館メニューの定番である

 そのアドスタンドが、大変身したのが今回の『立ち食いどん兵衛』だ。<外観は、「どん兵衛」の広告の世界を反映、店内では「どん兵衛」の商品の特徴を紹介。また、映像でCMも放映し「どん兵衛」の世界を体感できるようになっている>(同)という。

 忙しく人が往来する駅のホームに、ふと和む映画の拠点があるのも悪くない。しかし、ちょっと小腹が空いたり、ササッと軽食を済ましたい時に『立ち食いどん兵衛』はうれしい存在ではないだろうか。たぶん、映画グッズとサンドイッチがあるよりうれしい人も多いだろう。カップヌードルへの反応の高さから考えても、カップ麺の消費者としての往来する人々の親和性も高そうだ。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

金森 努

有限会社金森マーケティング事務所 取締役

コンサルタントと講師業の二足のわらじを履く立場を活かし、「現場で起きていること」を見抜き、それをわかりやすい「フレームワーク」で読み解いていきます。このサイトでは、顧客者視点のマーケティングを軸足に、世の中の様々な事象を切り取りるコラムを執筆していきます。

フォロー フォローして金森 努の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。