クジラ・エスキモーは歌がうまい!

2009.09.25

組織・人材

クジラ・エスキモーは歌がうまい!

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

「私たち人類の言葉は、  どうやって生まれたのだろう?」 これについては諸説ありますが、 「はじめに歌ありき!」 という仮説を提唱する人がいます。

理化学研究所の
岡ノ谷一夫氏(生物言語研究者)は、

ジュウシマツの求愛の歌

などの分析を通じて、
彼らの歌に見られる一定の法則性を発見。

そして、ヒトの場合、歌をうたうことを通じて

「文法」

が形成され、

「文節」や「単語」

が切り出されていき、
複雑な思考でさえ伝達できる高度な

「言語」

が確立されていったのだろうと、
岡ノ谷氏は考えています。

そういえば、クジラもまた、
クラシックの楽曲形式の一つ

「ソナタ形式」

に類似した歌をうたうことがわかっていますね。
(いわゆる「言語」としては確立していませんが)

ですから、
上記の仮説が正しいとすれば、
私たち人類が

・歌をうたうこと
・歌を聴くこと

が大好きなのは、
ごく自然なことだと言えますね。

さて、

「歌がうまいこと(特に合唱)」

が生存の決定的な条件だったと考えられるのが、
クジラ・エスキモーの人たちです。

*最近は‘イヌイット’と呼ぶことが
 多いようですがここではエスキモーに
 統一します。

カナダやアラスカ、グリーンランドなど、
北極圏に住むエスキモーたちは、主に、

「カリブー」(トナカイ)

を狩猟して生活してきました。

カリブーは集団で大移動する動物です。

したがって、エスキモーたちも
広大な北極圏をカリブーを追って
移動していきました。

厳寒の土地ですから農業はできません。
カリブーのような動物の狩りだけが頼り。

こうした不安定な食糧事情において、
以前は、生産活動に従事できない老人や病人は
遺棄されるのが一般的な風習でした。

滅びてしまった部族も多いようです。

そんな中、クジラを捕獲することで
生き延びた人々が、沿岸部に住む

クジラ・エスキモー

です。

クジラを捕獲できるチャンスは、
年に2回だけしかありません。

クジラが湾の中に入ってきて、
氷の割れ目ができているときだけです。

つまり、初冬の氷のでき始めか、
初春の解け始めの2回。

氷が海面を完全に覆っている時、
クジラは海上に姿を現すことはできませんし、
逆に氷がない時は、海上のどこに顔を出すか
わからないからです。

クジラ狩りの時、
クジラ・エスキモーたちは、
ボートに乗ってクジラがやってくるのを
待ちます。

クジラが湾の中に入ってきたら、
出られないように封鎖線をボートで作る。

その後、クジラが呼吸をするため、
氷の割れ目に顔を出した瞬間、みんなで
一斉に襲ってクジラを仕留めるのです。

相手は巨大な図体の持ち主。

みんなで息を合わせて、
一斉に襲えないとクジラを
取り逃がしてしまう。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。