クライアントを怒らせる方法

2009.08.20

仕事術

クライアントを怒らせる方法

家弓 正彦
株式会社シナプス 代表取締役

経営コンサルタントの仕事において、クライアントを怒らせることは簡単です。 いや、どんな仕事においてもクライアントとのコミュニケーションは、 常にリスクをはらんでいると言えそうです。


ビジネスにおける売り手の立場に立てば、
自分(商品)の価値をより大きく見せたいという「悪魔の誘惑」があります。
いや、プライベートでもそんな気持ちにかられることはありますよね。
しかし、それが致命的な落とし穴だったと気づくのは、
すっかり相手を不快にさせた後だったりするのではないでしょうか?

ということで、今回は「クライアントを怒らせる方法」を考えてみました。
皆さんは、クライアントを怒らせたこと、ありますか?

■ 信頼を築く前に上から目線

<悪魔のアドバイス>
経営コンサルタントは、クライアントに経営をアドバイスする立場ですから、
常に「先生」としての上位のポジションをとることが必須です。
そのためには、まずは最初が肝心です。
とにかく、相手に対して、威圧的に「上から目線」で語り、
「ああしろ!」「こうしろ!」と一方的に指示すると良いでしょう。
そうすることで「私は貴方より上の立場にいる」と思い知らせるのです!

---

<家弓のアドバイス>
また、常にクライアントより「知識」や「ノウハウ」を
豊富に持っていなければならないという恐怖に怯えているんですよ。
その表れが、一歩間違えると不遜な態度に出てしまうのではないかと思うのです。

しかし、ビジネスの立場は常に対等ですよね。
そういう意味では、売り手は買い手に対して下手にへりくだる必要もありません。
クライアントは、コンサルタントに対して、
「彼なら適切なソリューションを提供してくれそうだ」と感じてもらえれば、
信頼し、適切な対価を支払ってくれるはずです。

常にクライアントとは対等な立場で最適なソリューションを探索したいものです。

■ 一方的に喋り、相手に話をさせない

<悪魔のアドバイス>
コンサルタントの最大の武器となるのは「流暢なトーク」です。
一般にコンサルタントには「弁の立つ」方も多いので、
その強みを活かすのです。

弁舌鮮やかに、一方的に喋り、相手を圧倒しましょう。
きっとクライアントは、貴方の喋りに感服し、尊敬の念を抱くはずです。

---

<家弓のアドバイス>
確かにコンサルタントには弁舌鮮やかなタイプが多いようです。
そして、コンサルタントの職業的使命感として、
「なんとか有用なノウハウ提供しなければ、、、」
という強迫観念もあるはずです。
でも、それが逆にクライアントのストレスになることも多いようです。

コンサルタントの役割は、その経営のアドバイザーであり、
あくまで主役はクライアントですよね。
クライアントの望みは
「わが社のことを十分に理解し、最適な提案をしてくれること」
であるはずです。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

家弓 正彦

株式会社シナプス 代表取締役

マーケティング戦略を中心としたコンサルティング、マーケティングに特化した教育プログラムの提供を行っています。

フォロー フォローして家弓 正彦の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。