人生はバック転だ!・・・のビジネスモデル

2009.08.03

営業・マーケティング

人生はバック転だ!・・・のビジネスモデル

金森 努
有限会社金森マーケティング事務所 取締役

ちょっとしたことで、人生は変わるのかも知れない。いや、人生は変わらなくても、生きていくキモチが変わるかも知れない。ちょっとした隠し味があれば。

『オレ、山田伸一(仮名)。ふと気付けば40歳過ぎていて、お腹も最近少しメタボ気味。
だけど、実はオレ、「バック転」できるんだもんね。仮面ライダーやゴレンジャーみたいに。
ちょっと生意気になってきた息子も、バック転を見せてやれば目を輝かせて「お父さんスゴ~イ!」と言ってくれる。この間、社員旅行の宴会の大広間でちょっとやってみたら、職場のみんなも本気でビックリしていた。いい気分だ。』

全国にそんな山田伸一(仮名)のように、人生の隠し味を求めている人は数多いだろう。
平成の世にも綿々と続くオトコの子のあこがれ、「仮面ライダー」の放映が開始されたのは1971年4月。「秘密戦隊もの」の草分け、「ゴレンジャー」は1975年4月の放映開始だ。
少年たちはヒーローの武器や必殺技に固唾をのんでテレビを見守ったが、ドラマの中で欠かせないのがその体術である。バック転や宙返りで軽やかに宙を舞うヒーローはあこがれの的だった。
そんな少年たちもオトナになり、通勤列車に揺られ、アスファルトで靴底をすり減らして暮らす。あこがれは記憶の奥底に深く沈んだままになる。

そんな記憶を、「誰でもバック転、できますよ!」と強烈に呼び覚ましたのが、アクションスタジオ「つばさ基地( http://www.tsubasa-kichi.net/index.html )」である。
日経MJ8月3日号「TREND BOX」に紹介された「バック転だけをひたすら練習するマニアックなスクール」。<幼少期に見たマンガや特撮テレビドラマの影響で、バック転に密かにあこがれる大人が多いことに目をつけた>という。
アクション女優・秋本つばさが主催する同スタジオには、<アクション・アクロバット・ダンス・カラダ作り・エクササイズ・リラックス系まで18種類51のクラス>があるというが、バック転ができるようになることに特化した「バック転クラス」は目下、人気ナンバー1クラスだという。
このクラスの売りは、何といっても「体験クラス」で、スタッフのサポートを受けつつ、その1回のクラスでバック転の「疑似体験」ができるということ。

大人の習い事はブームである。そして、そのポイントは「手っ取り早く希望を叶えてくれること」にある。
例えばピアノ。子供なら「エリーゼのためにを弾きた~い」といっても、「基本が大事!」と、延々と「バイエル」を50~60番ぐらいまで練習することになる。
オトナ向けの教室は「戦場のメリークリスマスが弾きたい!」といえば、時間はかかっても、そこに向けた挑戦をさせてくれる。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

金森 努

有限会社金森マーケティング事務所 取締役

コンサルタントと講師業の二足のわらじを履く立場を活かし、「現場で起きていること」を見抜き、それをわかりやすい「フレームワーク」で読み解いていきます。このサイトでは、顧客者視点のマーケティングを軸足に、世の中の様々な事象を切り取りるコラムを執筆していきます。

フォロー フォローして金森 努の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。