失敗学(1): 彼らはみんな馬鹿だったのか?

2007.04.04

経営・マネジメント

失敗学(1): 彼らはみんな馬鹿だったのか?

橋口 寛

ダートマス大学経営大学院の新進気鋭のシドニー・フィンケルシュタイン教授。 数々の企業の失敗事例を研究する教授の頭に、ある日、シンプルな疑問が浮かんだ。 「Why Smart Executives Fail?」 (優秀な経営者達が、なぜ失敗するのか?) この疑問が、その後7年間にわたって続く長い研究を生み出すことになった。

しかし、教授は、満足できないものを感じていました。

「なぜ、CEO達はこんな大失敗をしてしまったのだろうか?」
「彼らは、本当に馬鹿だったのだろうか?」
「我々が気づいていない本質的な問題が潜んでいるのではないか?」
「もっと大規模なフィールドリサーチを行ってそれを明らかにするべきではないか?」

「Why Smart Executives Fail?」
(優秀な経営者達がなぜ失敗してしまうのか?)

という、教授の頭に浮かんだシンプルな疑問。

それは、その後7年間にわたってつづくことになる長い研究を、一貫して支配しつづけることになる疑問でもありました。

そして、教授の研究は、私自身の人生にも少なからず影響を及ぼしました。
それから5年後。
私は、佳境に差し掛かった教授の研究の真っ只中へと飛び込んでいくことになるのです。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。