ホンダはトヨタと戦わない。 ~エコグランプリ~

2009.06.16

経営・マネジメント

ホンダはトヨタと戦わない。 ~エコグランプリ~

金森 努
有限会社金森マーケティング事務所 取締役

苛烈を極めるトヨタからの攻撃に対してホンダはどう出るのか。固唾をのんで見守っていたら・・・。

ダイヤモンドオンラインが伝えた記事<業界騒然!ホンダ「インサイト」をコケにする トヨタ「プリウス」の容赦ない“比較戦略”>を元に、6月2日に「トヨタはなぜ、キレたのか?」を執筆した。

リーダー企業であるトヨタが、下位のホンダに対して比較広告を行った異例の展開。それは、予想外に好調なインサイトをそのままにしては、収益面でも自社のブランドポジショニングの面でも大きな影響が発生するからだ。
では、ホンダの次なる一手はどのようなものかと思っていたら、今度は全く独自の世界を展開することにしたようだ。

6月11日のニュースリリース
<「インサイト」のエコ運転技術向上を競う「エコグランプリ」をHondaのホームページ上で開始 >
http://www.honda.co.jp/news/2009/4090611.html

<「インサイト」に搭載されたエコアシストと、インターナビ・プレミアムクラブのサービスを活用し、エコ運転技術の向上を競う>というイベントだ。さらに<インサイトのオーナー以外でも「エコグランプリ」ホームページ上の「インサイト・シミュレーター」でエコ運転を疑似体験できる「バーチャルチャレンジ」機能も追加する予定>だという。

イベントにどのような意義があるのかは、「エコグランプリ」のサイトにある説明の動画中表示されるコピーが非常にわかりやすい。
以下、全文を転載する。

----------------------------------------------------------
20世紀のレースはスピードを競っていた。
21世紀のレースが競うもの。
それは、あなたの燃費。
場所は、ふつうの道。
開催日は、毎日。
そしてドライバーは、全国のみんな。
エコドライブを競いあい、励ましあい、讃えあい、ランキングを楽しむ
かつてないレースが、いま始まります。
記録更新に、ついにんまりしたり。
特に燃費がよかった日には、晩ご飯のおかずが一品増えたり。
気がつけば、向かいの奥さまがライバル(!)なんてことも。
クルマに乗ることが、ただの運転ではなく、イベントになる世界へ。
----------------------------------------------------------

上記からどのようなメッセージが受け止められるだろうか。
昨年12月5日にF1レースからの撤退を発表したホンダ。苦渋の決断を伝える福井社長は「F1に注いできた情熱、リソース、人材を新しい時代に振り向けるべきだという強い意志」と語った。
ホンダの提案する新しい時代、21世紀のレースの一つのカタチが「エコグランプリ」なのだ。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

金森 努

有限会社金森マーケティング事務所 取締役

コンサルタントと講師業の二足のわらじを履く立場を活かし、「現場で起きていること」を見抜き、それをわかりやすい「フレームワーク」で読み解いていきます。このサイトでは、顧客者視点のマーケティングを軸足に、世の中の様々な事象を切り取りるコラムを執筆していきます。

フォロー フォローして金森 努の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。