さー帰ろう。 アンチ・デジタル社会へ!

2009.06.06

ライフ・ソーシャル

さー帰ろう。 アンチ・デジタル社会へ!

三宅 信一郎
株式会社BFCコンサルティング 代表取締役社長

今や世の中右も左もデジタル一色である。地デジ放送、デジタル家電、デジタルゲーム、デジタルムービー、デジタルカメラ、DVD、インターネットカフェなどなど。 デジタル化大いに結構! お陰で世の中便利になりました。ありがとう。ただ、その背後には大きな弊害があることも認識して、 改めてアナログの世界も大事にして、バランスよく生きませんか?  だって、我々は本当はアナログの世界で生きているのですから。

曹禺例: あるオフィスでの、新規プロジェクトのキックオフミー
     ティングにて

先輩A  「おはよう!」(会議を主催した先輩が、10分遅れて
      来た社員に対して百歩譲って明るく挨拶)
後輩B  「・・・・」(目線は絶対あわさず、ぺこっと頭下げ、
      会釈だけして、自分の席へそそくさと行って着席。
      たとえそれが初対面であっても)
先輩A  「・・・・???」

初対面なのに、挨拶もせず、ぬっと現れ、机に座るや否やパソコン
をおもむろに開いて、OSを起動させ、会議の出席者とも目も合わ
そうせずカタカタと打ち始める宇宙人。

◆ケーススタディ4: 「メール命(いのち)星人」

生息星: アウトルック星
星人特性:アウトルック星の宇宙人のコミュニケーションは、全て
      eメールという手段のみで行われ、例え目の前にいるもの
      に対してもeメールを使うことを主とするという固い
      星則がある。

別名、「メール中毒星人」ともいわれている。 会議中にもかかわ
らず、会議が始まる前からパソコンを覗き込んで、メールのやり
取りにいそしんで、その会議の進行役や、出席者の発言を聞かないで
(この宇宙人は聞いているのか、聞いていないのか、それさえも
よくわからない)、会議の輪の中に全く入ろうともせず、とりあえず
出席だけしている宇宙人。

◆ケーススタディ5: 「何でも知ってる思いこみ星人」

生息星: グーグルヤホー星
星人特性:別名「情報ハンドル星人」とも呼ばれる。 ビジネス
     プランなどを作るという際、インターネット検索サイト
     の使い方に手馴れているため、多数の情報を瞬時に収集
     し、それを分析し、まとめる能力にはやたら長けている 
     が、何も無いところから、自分の目や感覚で一から現場
     や現物の環境や状況から本質を読み取って、それを情報
     化するのがとても下手な宇宙人。 クリエイティブな目
     をもった洞察能力の退化が激しい。 インターネットの
     情報は所詮誰かのフィルターを通して作られた人工物に
     すぎないことに気づいていない。

◆ケーススタディ6: 「バーチャル喧嘩だけ得意星人」

生息星: アウトルック星
星人特性:特殊な感情激化パターンをもつ宇宙人。メールで感情的な
     議論を展開し、ますます議論がかみ合わずに、いくところ
     までいってしまうことを得意とする。 会って話してみる
     とメールの内容とは全く違った話で進むことがほとんど
     である。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

三宅 信一郎

株式会社BFCコンサルティング 代表取締役社長

事業力強化・新規事業開発・創業支援コンサルタント (財)生涯学習開発財団認定コーチ 自動認識基本技術者 (JAISA:(社)日本自動認識システム協会)認定

フォロー フォローして三宅 信一郎の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。