中吊り広告から検索エンジン誘導型の広告…もう少し考えたら?

2009.06.01

IT・WEB

中吊り広告から検索エンジン誘導型の広告…もう少し考えたら?

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

本記事の概要は「スッパンダ、よいおやすみ、ドットコムマスター」です(笑)。

◆本投稿記事は、毎日更新中のZ会ブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。

概要を御覧になって「なんだこの概要!?」と思われた方も多いかもしれません。
これ、先日山手線で移動中、電車の中で自分が見た「検索エンジン誘導型広告」(いわゆる「~で検索!というヤツ)のワードです。

・スッパンダ(カンロ提供)
http://www.sozai-kashi.net/suppanda/
・よいおやすみ(アステラス製薬提供)
http://www.yoioyasumi.com/
・ドットコムマスター(NTTコミュニケーションズ提供)
http://biz.ocn.ne.jp/master/index.html

なるほど確かに、パソコンからYahoo!やGoogleで調べると最上位に出ますね。

リスティング広告を使わず最上位になっている「スッパンダ」が最も費用対効果がよく、「ドットコムマスター」についても「これが検定資格」と認知させるためにはリスティング広告併用は有効に働いています(リスティングの説明文が結構キレイなので)。
「よいおやすみ」は僕だったら、(この記事を書いている時点で判断するなら)リスティング広告を外しますね。リスティング広告とオーガニック検索最上位で、そんなに差別化ができていませんから、広告の分だけもったいない。

…という個々の違いは多少あるにせよ、パソコンだったらキレイに検索エンジンへと誘導ができている広告といえます。

しかし、考えてみてください。。。
電車の中吊り広告、キーワードをパソコンが使える場所に着くまで覚えていることなんて、ほとんどないでしょ。
そりゃ、メモ書きするほど興味を持った人もいるでしょうが、そんな輩であれば…

すぐケータイで調べるに決まってます。

また、電車の中で「暇だなー」と思っている人がその広告を見て、暇つぶしに検索する場合だってあるでしょう。というか、そういう人、多いでしょう。
※優先席付近では禁止されている、云々の教育モラル的な議論はここでは抜きにします。実際問題、「暇つぶしでケータイ検索を用いている人が多いでしょ?」ということで。

そんなわけで3ワード、自分の持っているdocomoケータイで検索してみました。

・スッパンダ
リスティング広告、メニューサイト共になく、「その他のケータイサイト」でスッパンダ携帯サイトが表示順1位に。

次のページ絶対にケータイサイトを作りましょう。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。