DSで生活が便利に。任天堂社長と専務がゲーム機の今と未来を語る:1

2009.04.28

経営・マネジメント

DSで生活が便利に。任天堂社長と専務がゲーム機の今と未来を語る:1

ITmedia ビジネスオンライン
“ニュースを考える、ビジネスモデルを知る” ITmedia 編集部

任天堂の岩田聡社長と宮本茂専務は4月9日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見を行った。ビデオゲーム市場動向や海外でのニンテンドー DSiの販売状況、『Wii Sports Resort』の発売日や京都文化博物館で実施されるニンテンドーDSを利用したガイドサービスについても言及。会見の内容を詳細にお伝えする。[堀内彰宏,Business Media 誠]

 この目的を達成するためのキーワードが「パーソナライゼーション」です。DSiは、ユーザーが各個人のDSiをカスタマイズして「自分だけのDS体験」を創造できることを狙っています。カメラ機能やオーディオプレーヤー機能が付属していたり、「ニンテンドーDSiショップ(参照リンク)」からソフトをダウンロードして保存できたりすることは、「マイDS」のコンセプトを実現するためのアイデアです。DSiは日本ですでに200万台以上売れているのですが、先に話したような変化が起こっており、「1人に1台」の目標へと前進していると思っています。

 海外市場は、日本市場よりも多くの人口を抱えています。潜在的なユーザーに製品の情報を十分に届けるためにはまだ時間がかかるでしょう。人口と販売台数の比率から考えると、DSの成長余地はまだまだありそうです。海外市場は日本市場より大きなポテンシャルを持っているため、日本で2008年前半に起こったようにDSの販売の勢いが鈍ることはまだ起こりそうにありません。しかし、DSをさらに普及させるために、先週、米国・欧州・オーストラリアでDSiを発売しました(参照記事)

 ニューヨーク、ロックフェラーセンターの任天堂直営店では、最新のマシンを手に入れるために、多くのファンが列をなしました。米国全体で2400 のゲームショップが深夜に開店し、何千人ものユーザーがDSiを手に入れるために何時間も列を作って待っていました。ロサンゼルス、ユニバーサル・シティ・ウォークの旗艦店では米国で唯一、深夜にDSi発売イベントを行いましたが、2000人以上が集まりました。

 速報によると、米国での発売後2日間だけで約30万台が売れたそうです。欧州でも発売後2日間で約30万台が売れたそうです。これは、前バージョンのDS発売時の売り上げを超えています。DSiが世界中で暖かく迎えられたことを示してくれました。欧州での発売時の写真からは、「老若男女に受け入れられる」というDSiのユニークな特性が伝わってきます。

 私たちは、DSの所有者がどこにでもDSを持って行きたくなるようにして、「所有者の生活を豊かにするマシン」というDSのミッションをより進めていきたいと思っています。

~DSで生活が便利に。任天堂社長と専務がゲーム機の今と未来を語る:2 に続く~

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

ITmedia ビジネスオンライン

“ニュースを考える、ビジネスモデルを知る” ITmedia 編集部

「ニュースを考える、ビジネスモデルを知る」をコンセプトとするオンラインビジネス誌。

フォロー フォローしてITmedia ビジネスオンラインの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。