Yahoo!動画+GyaO:著作権者尊重NO.1映像配信プラットフォームを目指す(2)

2009.04.23

経営・マネジメント

Yahoo!動画+GyaO:著作権者尊重NO.1映像配信プラットフォームを目指す(2)

ITmedia ビジネスオンライン
“ニュースを考える、ビジネスモデルを知る” ITmedia 編集部

ヤフーは4月7日、USENの100%子会社であるGyaOの株式の51%を譲り受け、2009年秋から「Yahoo!動画」と「GyaO」の両サービスを統合させると発表した。井上雅博ヤフー社長と宇野康秀USEN社長が出席した会見の模様を詳しくお伝えする。 [堀内彰宏,Business Media 誠]

 しかし例えば、「テレビの番組をそのまま録画して投稿してしまう」「DVDをコピーして投稿してしまう」といった使い方が普及してしまうと、「コンテンツを作る人たちに収益が分配されないために、コンテンツが次々と作られていかなくなるのではないか」と懸念しています。

 「そういう違法な投稿については、より厳しく対処するべきだ」と思っているのと同時に、そういう違法な動画が投稿されてしまう原因の1つに、(GyaOやYahoo!動画のように)きちんと権利処理した動画配信サービスに十分にコンテンツが集まらず、利用者もまだ育っていないという状況も 1つあるのではないかと思っています。

 権利者がきちんとインターネットでもビジネスができる場を提供し、きれいな画質でオンタイムにコンテンツを見られるようにすれば、「違法な動画の投稿をする必要はなくなるし、違法な動画を見る理由もなくなっていくのではないか」と期待しています。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

ITmedia ビジネスオンライン

“ニュースを考える、ビジネスモデルを知る” ITmedia 編集部

「ニュースを考える、ビジネスモデルを知る」をコンセプトとするオンラインビジネス誌。

フォロー フォローしてITmedia ビジネスオンラインの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。