Google Analyticsでは新規ユーザーとリピータをちゃんと区別できない

2009.04.13

営業・マーケティング

Google Analyticsでは新規ユーザーとリピータをちゃんと区別できない

安田 英久
株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

今日は、Google Analyticsのまぎらわしいデータ表示の中身を明らかにします。というのも、これを理解しておかないと分析するときに勘違いしてしまうからです。


以前に、アクセス解析のやり方として、平均閲覧PV数や平均訪問回数を新規ユーザーとリピーター別に調べるやり方を説明したことがあります。ですが、Google Analyticsではこの分析はできないようです。というのも、Google Analyticsでは、新規ユーザーとリピーターを明確に区別できないからです。

Web担の連載「Google Analyticsの使い方&解析ワザ」の記事で気になったので、編集部で実験してみてわかったことを解説してみましょう。

まずクイズです。サイトにアクセスしたのが次の2人だけだった場合、Google Analyticsでは、3月10日の新規ユーザーとリピーターのセッション数はそれぞれいくつになるでしょうか?

Aさんが3月9日に初めてサイトを訪問、3月10日の午前に1回、午後にも1回訪問。Bさんは3月10日の午前に初めてサイトを訪問、午後にも1回訪問

私はこうだと思いました。

Aさんは3月9日に1回訪問しているので、3月10日の時点ではリピーター。3月10日には2回サイトを訪れているので、リピーターが2セッション。

Bさんは3月10日に初めてサイトを訪れたので新規ユーザー。3月10日に2回サイトを訪れているので、新規ユーザーが2セッション。

……ですが、実際にGoogle Analyticsの[ユーザー]>[新規ユーザーとリピーター]に表示されたのは、新規ユーザーが1セッション、リピーターが3セッションと出ます。

どうやら、Google Analyticsでは、

* 「新規ユーザー(New Visitor)」は、「新規ユーザーの新規セッション(そのサイトでの最初のセッション)」だけ
* 「リピーター(Returning Visitor)」は、「リピーターのセッション」+「新規ユーザーのその期間内の2回目以降のセッション」

を意味するようです。アドバンスセグメントに「新規ユーザー」と「リピーター」がありますが、これも同じ意味です。

ですから、「新規ユーザー」のセッション数は指定期間内の新規ユーザー数と同じ値になり、新規ユーザーの平均セッション数は必ず1になります。

つまり、セッションがその人にとってそのサイトでの初めてのセッションかどうかはデータとして判別できますが、ユーザー自体がその期間以前にサイトを訪問したことがあったかどうかを軸に分析はできないということですね。解析対象期間より前にサイトを訪問したことがなかった「ご新規さん」でも、期間内の2回目以降のセッションは「リピーター」として扱われてしまいますから。

次のページ「リピート回数」というより、「○回目のアクセス」という意味

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

安田 英久

株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

企業のウェブサイト活用やウェブマーケティングに関するメディア「Web担当者Forum」(http://web-tan.forum.impressrd.jp/)を運営しています。

フォロー フォローして安田 英久の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。