健全な企業は無言で語る~カナサシ重工とキーエンスの違い~

2009.04.03

組織・人材

健全な企業は無言で語る~カナサシ重工とキーエンスの違い~

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

「入社式前日内定取り消し」でニュースになったカナサシ重工。高収益企業キーエンスとの違い、Webサイトを見ても、わかります。

本投稿記事は、毎日更新中のZ会ブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。

4月1日の入社式前日に19人の内定を取り消した、という報道があったカナサシ重工。
▼カナサシ重工Webサイト
http://www.kanasashi-hi.co.jp/index.html

Webサイトの「社長挨拶」には、この記事を書いている段階で下記のように掲載されています。

===
当社は明治36年金指造船所として創業して以来、日本の現代史の波の中で幾多の苦難と変遷を経て参りました。しかしながら、地場産業としての特色を最大限に活かし、また抜本的な構造改革を行った結果、 平成11年3月 株式会社 カナサシ重工創業以来、黒字体質の企業へと変貌を遂げ今日に至っております。
このような厳しい経営環境におかれても、今日までの着実な経営努力の積み重ねと、多くの関係者の方々のご理解とご協力の結果、平成16年9月には資本金の増資を行うことが出来ました。 
★全文はこちら
===

一方、高利益率で名高い企業、キーエンス。
▼キーエンスWebサイト
http://www.keyence.co.jp/
▼会社案内
http://www.keyence.co.jp/company/profile/index.html

ちなみにIR情報、カナサシ重工は全くなし、キーエンスは売上高・営業利益推移の掲載。

カナサシ重工のWebサイトは

・自己顕示による能弁
・言い訳がましい
・本当にお客様が知りたいことが書かれていない(IRの非開示)

そしてキーエンスは、その全く逆といえますね。

健全な企業は、淡々と業務を行い、業務成績という事実を持ってアピールするのみ。
危険な企業は、異様に口数が多くなる…

そんな傾向がありますね。

そして、「誰しもが会社の雰囲気やイメージを把握できる」かつ「だからといって作らないわけにはいかない」というWebサイトは、その企業の現在の姿が如意実に現れます。

「健全です。」
「黒字体質です。」
「企業改革に成功しました。」
「(どんな企業より)伝統があります。」

…こんな言葉をアピールするのを避けることが、優良企業への第一歩かもしれませんね。

Z会は?
…うーん、お客様からみると、少し口数多いかもしれませんね(苦笑)。
無借金経営なんだから、でっしり構えていた方がカッコイイかもしれません。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。