iPhoneが開きgPhoneが広げる新しい世界

2008.12.13

IT・WEB

iPhoneが開きgPhoneが広げる新しい世界

竹林 篤実
コミュニケーション研究所 代表

iPhoneはケータイのビジネスモデルを変え、プログラマーの生き方までを変えつつある。そして来年にはgPhoneが日本に上陸する。iPhone、gPhoneは従来のケータイとどこが決定的に違うのだろうか。

ソフトを簡単に追加できるiPhone

爆発的に売れている、とは残念ながら日本ではいえないiPhoneだが、水面下では革命的な出来事が着々と進行している。震源地はアップストアだ。

最近のiPhoneのテレビCMをご覧になった方ならわかるだろう。iPhoneユーザーは、好みのソフトをアップストアで買って、いくつでも追加することができる。手間は何もかからない。アップストアにアクセスして(ワンクリックだ)、ソフトを探して(ちょっと手間がかかるかもしれない)、ダウンロードする(ワンクリックだ)。これだけ。

ソフトはすでに1万点近く揃っている。つまりiPhoneユーザには1万もの追加アプリが用意されていることになる。そのうちの4000点ぐらいはゲームらしい。そういえばiPhone自体をハンドルみたいに操作してゲームしているCMもあった。つまり、あのマシンは相当に良くできたゲーム機でもあるのだ。

もちろん追加できるのはゲームに限らない。ビジネスに役立つソフトもある。あるいは中島聡さんが開発したPhotoShareOilCanvasのように、これまで世の中に存在しなかったエンターテイメント系のソフトもある。

そして、ここからが肝心要のポイントである。

iPhoneのように、あとからどんどん自由にソフトを追加していけるケータイは、日本には(海外の事情は詳しくは知らない)未だかつて存在しなかった。キャリアが圧倒的なイニシアティブを握る日本のケータイビジネスモデルからすれば、一端末プロバイダーにそんな勝手を許すことなどあり得ない話だったのだ。

アップストアの意味

ではiPhoneで使うソフトは、どこで手に入れるのか。アップストアである。といっても、このストアはリアルに実在するわけではない。どこにあるかといえばiPhoneの中である(より正確に表現するならAppleが持っているどこかのサーバーの中、というべきか)。

Appleビジネスの真骨頂がこのアップストアの存在である。これは音楽流通に革命を起こしたiTunes Storeと同じ役割を果たす。iPodで聞く音楽を手に入れる方法は大きく分けて二つある。自分でCDを買ってきてiPodにインストールするか、あるいはiTunes Storeで買ってそのままインストールするか。

すでにCDを持っているなら、わざわざ買う必要はないけれども、新しく誰かの作品を買って聴きたいとなればiTunes Storeを選ぶ人も多いだろう。だってそのほうがシームレスにiPodに落とせて便利だから。それに最近ではダウンロードした音楽の音質もそれほど悪くはない。こうしてiPodで音楽を楽しむ人は、必然的にiTunes Storeの顧客として囲い込まれるようになっている。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

竹林 篤実

コミュニケーション研究所 代表

フォロー フォローして竹林 篤実の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。