大相撲の経済学(6)「八百長」の経済学

2008.10.04

ライフ・ソーシャル

大相撲の経済学(6)「八百長」の経済学

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

「週刊現代」の八百長疑惑を報じた記事を巡る 「大相撲八百長訴訟」 の弁論(08/10/03)において、 講談社側の証人として出廷した元小結の板井圭介氏は、 次のように証言しています。

したがって、大相撲という興行(娯楽スポーツ)の
運営主体である相撲協会としては、現実にはこのような
取組は避けなければなりません。

ところで、
冒頭の訴訟に出廷した板井氏の証言によると、
八百長をやる理由として、

『お金がほしいというよりも、いま自分がいる地位を保ちたいからだ』

と述べています。

八百長が行われる背景には、
単に経済的なメリットだけでなく、
プライドというか、見栄というか、心理的な要素も
絡んでくるようです。

板井氏のコメントは、
人間が100%合理的な判断に基づく行動するとは限らない点を
示していると言えますね。

今回で『大相撲の経済学』の内容紹介は終わりです。

一連の記事でご紹介できなかったテーマもまだたくさん
ありますので、興味のある方はぜひ本書読んでみてください!

八百長疑惑は残念なことですが、
大相撲界の今後のさらなる隆盛を1相撲ファンとして
応援したいと思っています。

『大相撲の経済学』
(中島隆信著、東洋経済新報社)

→アマゾンはこちら
*単行本
*文庫本

(その他関連本)

『力士はなぜ四股を踏むのか』
(工藤隆一著、日東書院)
→アマゾンはこちら

『大相撲界の真相』
(大見信昭著、河出書房新社)
→アマゾンはこちら

『力士の世界』
(33代 木村庄之助著、文藝春秋)
→アマゾンはこちら

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。