顧客情報記憶力

2008.09.02

営業・マーケティング

顧客情報記憶力

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

先日、地上波で映画、 『舞妓Haaaan!!!』 が放送されましたね。

この作品は、劇場公開中の評判も良く、
結局、興行収入20億円を超えるヒット作となりましたが、
残念ながら私は見逃していました。

最近、京都花街の研究をちょっとだけしている私としては、
万難を排して視聴しました。

さすが宮藤官九郎のシナリオですね。
よく練られたストーリー。

主人公、鬼塚公彦を演じた
阿部サダヲの軽快な演技も良かった。

鬼塚は、高校生の頃、
修学旅行先の京都で道に迷っていたところ、
たまたま通りかかった舞妓の小梅さんに優しくされ、以来、

「京都・祇園の舞妓さんと野球拳をしたい」

という夢を追い求めることになります。

その後社会人となり、
鈴屋食品の東京本社に入社した鬼塚は、
舞妓さんを応援するWebサイトを運営しながら、
お座敷に上がることを夢見るのです。

数年後、幸運にも(会社的には左遷)、
京都の工場に異動が決まり、鬼塚は狂喜乱舞。

京都赴任後、早速、鬼塚はATMで現金をおろし、
勇躍、お茶屋に向かいます。

ところが、

「一見さんお断り」

の壁に阻まれてしまう。

お馴染みさんの信頼を得て、
その人に紹介してもらわなければ、
お座敷には上がれないのです。

そこで、鬼塚は、
体がぼろぼろになるほど仕事に打ち込みます。

そして、運よく新製品開発・販売に成功させることで、
既にお馴染みさんだった鈴屋食品、鈴木大海社長の信頼を
勝ち取り、とうとうお座敷に連れて行ってもらうことに
なるのです。

さて、初めてのお座敷で鬼塚は、
高校生時代に優しくしてもらった小梅さんに
再会します。

その時、小梅さんは、既に舞妓さんを卒業し、
売れっ子の芸妓さんになっていました。

えーと、長々とあらすじを説明してきましたが、
ようやく本題です。

小梅さんは、何年も前に1度だけ、
短い時間会っただけの修学旅行生のことを
ちゃんと覚えていました。

また、その後、鬼塚が入れあげることになる
舞妓の駒子さんも、舞妓さんデビューの日にカメラを
構えて追っかけしていた鬼塚のことをしっかり
覚えていました。

売れっ子の舞妓・芸妓になるための条件は、
「やる気」と「体力」を大前提として、
芸事に優れていること、そして高いコミュニケーション
能力が挙げられますが、そのベースには、強力な

「顧客情報記憶力」

が必要なのです。

上記に説明した通り、

『舞妓Haaaan!!!』

でもそのことが、きっちりストーリーに
織り込まれていたというわけです。

ちなみに、あるお茶屋のお馴染みさんである私の知人は、
半年振りに会ったある舞妓さんが自分の名前をちゃんと
覚えてくれていたことに感激してファンになったそうです。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。