購買ネットワーク会という取組み

2007.06.02

経営・マネジメント

購買ネットワーク会という取組み

野町 直弘
株式会社クニエ プリンシパル

購買ネットワーク会は現役バイヤーや購買関連の仕事に従事する方のための交流会です。

2005年の春、ある自動車メーカーの若手バイヤーの方からメールをいただき、その方と『日本の購買を変えていくような取組みをしよう!』ということから、「購買ネットワーク会」という取組みをはじめました。

初回は2005年の夏に内輪の7名からスタートし、今年の5月についに10回目を開催しました。その間、登録者数で300名以上の方が参加、現在も50-60名の方が各回に参加するような日本でも最大級の購買・調達関連業務の交流会に発展しました。

この会の素晴らしさは3点あります。

1.日本一ハードルが低くて高い会
 ネットワーク会は土曜の午後に実施しています。また安価ですが500円の会費をいただいています。
 ただ、本当に意識の高い方でない限り、わざわざ休みの日をつぶして参加するようなことはないです。一方で参加希望の方はどなたでも大歓迎です。
参加資格などありません。
 ですからハードルが低くて高い会!なのです。
 今では四国、北海道、関西、何とシンガポールや米国からも参加されている方もいらっしゃいます。無論自費です。すばらしい!!

2.自主的な会であること
 当初から目指していたのは「バイヤーの、バイヤーによる、バイヤーのための会」です。
 そういう点で交流会ではボランティアで幹事を常に募集しており、次回からは私も代表幹事を外れて、現役バイヤーの方が代表幹事になりました。
 交流会というもの、最初はよいのですが、そのうちマンネリ化、人員の固定化が始まるものですが、常に新しい風が入ってかき回してくれ、いつも新鮮な会になっています。

3.楽しく、役に立つ会を目指している
 2にも関わりますが、単に名刺交換で終わるのではなく、毎回テーマを決めて、グループ討議、発表などをやっています。
 よくやるのはケーススタディ。過去には「バイヤーお悩み相談室」「人材育成をめぐる異論反論」のようなテーマも取り上げました。
 特にケースは毎回担当者が忙しい中を時間をかけてケーススタディを作成し、グループ討議→発表をしています。
日本中探しても購買・調達分野のケーススタディなんてどこにもないのでは?
このような毎回の努力が楽しく、役に立つ会つくりにつながっていると思います。

ご興味のある方はこちらまで。

次回は7月28日拡大版です。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

野町 直弘

株式会社クニエ プリンシパル

NTTデータグループのコンサルティング会社である株式会社クニエの調達購買改革コンサルタント。 調達・購買分野に特化したコンサルティングを提供している株式会社アジルアソシエイツの元代表。 自身も自動車会社、外資系金融機関の調達・購買を経験し、複数のコンサルティング会社を経由しており、購買実務経験のあるプロフェッショナルがサービス提供を行います。

フォロー フォローして野町 直弘の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。