エドはるみとはるな愛から●●を、ビジネスパーソンは真似べ

2008.08.20

ライフ・ソーシャル

エドはるみとはるな愛から●●を、ビジネスパーソンは真似べ

阿部 淳一郎

ビジネスパーソンにも転用可能な「グー!」でお馴染みエドはるみと、エアあややでブレーク中のはるな愛の、「だから売れたのではないか」という共通項とは?

****************************

最近、「グー!」でお馴染みのエドはるみと、エアあややがブレーク中のはるな愛をテレビで、見ない日はない。

なぜ、彼女たち(一人は彼(!?))は、ここまでブレークしたのだろうか。
その要因の一つに、二人の共通項として在る、番組内のトークで垣間見えるコミュニケーションスキルの高さがあるように思う。

具体的にいうと、「相手の発言に対するレシーブの巧さ」である。

話が飛ぶが、コーチングで、相手とのラポール(信頼関係)を作るテクニック(技)の代表的なものに、このようなものがある。

■バックトラッキング
■ミラーリング
■ペーシング

二人は、意識してか、無意識のうちかはわからないが、この3つを、見事に体現しているように私には感じられる。(コーチングでは、この3つの前段階として、笑顔で、しっかりと相手の発言を受け止めようとする姿勢(気持ち)をもつべし!ということがあるのが、これも見事だ。)

「バックトラッキング」とは、相手の発言のキーフレーズを拾って繰り返すことをいう。バラエティ番組でのタレントさんの発言は、何がしかの「狙い」をつけたり相手のリアクションを狙うものが多い。二人は、見事に、発言者のキーフレーズを繰り返し、拾っている。(発言者は、非常にトークしやすいはずだ)

「ミラーリング」とは、相手の表情や、声のトーン、テンションに同調することをいう。特にはるな愛は、発言者のリアクションやトーンに合わせて、やや大げさに、手の動きなどは真似ている。

「ペーシング」とは、空気感や、話すスピードなどを、相手のペースに合わせることをいう。二人を見ていると、相手のペースに合わせて、うなずくスピードを変えているし、オチのところではハイスピードで大きく笑い、悲しい話のところでは、ゆるやかなペースにテンションを落としたり・・・と、見事にそれができているように思う。

**

タレントとして、売れるためには、もちろん「芸」や「キャラクター」など個に帰属する要因や、事務所の強さなどの政治的な部分もあるだろう。しかし、それに加えて、共演者やスタッフなどから「あの人となら安心だ」とか「あの人と一緒にやりたい」と思ってもらえることも必要ではないだろうか。

人間の脳は、「愛されたい(受けいられたい)」という欲求を発するようにできている。コーチングの本に、よく「受容することが大切です」と書いてあるのは、相手が「受け入れられている」と感じてくれてはじめて、「愛されたい」という欲求が満たされ、自分に対して安心感をもってくれるようになるからだ。上で書いた3つは、そのためのスキルである。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。