社員から愛される企業に!

2008.08.10

組織・人材

社員から愛される企業に!

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

情報過多の現代において、「企業の信頼性」をアピールすることは難しいですし、読み取ることもなかなか難しいものです。 そして、お金持ち企業は多額を投じブランディング広告を行うため、受け手として“イメージ”のみで信用しようとしてしまう… 現象として仕方のないことかもしれませんが、他に企業の信頼性を見抜くカギは?

◆本投稿記事は、毎日更新中のブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。

1Fがスーパーのマンションに住んでいます。
このおかげで、買い物はものすごくラクチンです。

最近の密かな楽しみは…
夜、会社から帰り、自宅まで戻る前に、このスーパーに立ち寄って、閉店間際で安くなったお惣菜を買うこと。
次の日になれば賞味期限は切れてしまうものも多々ありますが(苦笑)、まあ1日くらい大丈夫でしょ、というノリで買います。
補足)それにしても、昔に比べて随分加工時間→賞味期限の時間の長さが短くなったものですね。
技術は発展しているはずなのに…。
それだけクレームその他が多くなったので、安全率を高く敷いているんでしょうね。

昨日も閉店間際についついスーパーに。
いろいろ見渡して、惣菜売り場へ。
買い物カゴを抱えた、私服の40歳くらいの女性が1人そこにはいました。

その女性、惣菜を何気なくキレイに並べていました。とっても自然に。
(買い物カゴの中にもいくつか品物が)
きっと、その惣菜売り場の担当者の方でしょうね。

その行動がイヤらしくなく(とでも申しましょうか)、極めて自然に、「あ、ちょっと整ってないから直そうかな」程度の気持ちが感じられる行動だったんですね。
何か素敵でした。

よく、「会社は会社、プライベートはプライベート」と意識して分ける人がいますよね。
この生き方、とっても窮屈だと思うんです(別に否定はしませんけど)。

会社の業績が上向けば給与も上がり、プライベートの生活水準だってきっと良くなるはずですから、会社もある意味プライベートなんですよね。
かといって、プライベートの時間がなくなるほど仕事に打ち込む仕事人間も、窮屈です。

会社の生活もプライベートも、自分の時間と言うことに変わりはありません。
自分の中で、人間らしい、自然な行動をすればいいんですよね。
そんな自然な行動ができる会社に勤めるのが幸せなわけですよね。
そんな自然な行動ができる会社を自分で創っていくのも幸せなわけですよね。

惣菜売り場で見かけた女性には、そんな雰囲気が溢れていました。

きっとこのスーパー、働きやすいんだろうな…
店員同士の風通しもいいんだろうな…
そんなスーパーなら、お客様に悪いもの出さないよね…
だとすれば、お客様の客足も途絶えないよね…

うん、きっと、このスーパー、ずっとここにあるだろうな。
(僕も買い物がずっと楽できて嬉しい!)

次のページ信頼を担保するのは、社員の言動。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。