健全な懐疑精神を持て!

2007.06.01

ライフ・ソーシャル

健全な懐疑精神を持て!

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

今のように変化が激しい時代では、 自分の持ってる知識があっという間に通用しなくなりますよね。 「昨日は正しかったことが、今日はもう間違い」 ということが頻繁に起きています。

また、世の中はいろんなことが複雑に絡み合っていますから、

「何が原因で、何が結果なのか」

を判断することもまた、ますます難しくなってきています。

ですから、私たちは、自分の知識や、外部から取り入れる「情報」
に対して、もっと慎重になる必要があるんじゃないでしょうか?

具体的には、

---------------------------------

「自分の知識は、既に古くなっていないだろうか?」

「自分の知識は、間違った思い込みではないだろうか?」

「この情報は、どの程度信用できる(正しい)のだろうか?」

「この情報は、短絡的なロジックに基づいていないだろうか?」

---------------------------------

といった質問を常に行い、

「使える(生きている)知識・情報とそうでないもの」

を適切に選り分けるべきでしょう。

これは、ものごとをネガティブに見るためのものではなく、
「使える情報」を拾い上げるための意識的な姿勢ですから、
「健全な懐疑精神」と私は呼んでいます。

そして、こうした姿勢は、
単なる「情報(インフォメーション)」を価値の高い情報、
すなわち、「インテリジェンス」に磨き上げるために
必須だと思います。

今、「意識的」と書きましたが、かなり意識しないと
私たちは、すぐに思い込みの短絡的な思考に
陥ってしまいがちです。

先日、池上彰氏が書かれた

『伝える力』(PHP研究所)

を読んでいて、あらためて驚いたことがあります。

それは、実に多くの人が、
勝手な思い込みや陳腐化した知識でものごとを判断し、
また「批判」しているということです。

池上氏が以前担当していた「NHK週間こどもニュース」
でのエピソードを紹介しましょう。

日銀が金利を引き上げたときのこと、

「日銀は金融機関同士が貸し借りしている
 資金の金利水準を一定にしていて、この金利を引き上げた」

という説明を池上氏がしたら、

「なぜ公定歩合と説明しないのだ」

という抗議電話が何本もかかってきました。

しかし、日銀は公定歩合で金利を決めることを
とっくにやめているのです。
(恥ずかしながら、私も知りませんでした)

私は、この抗議をした人たちに言いたい。
電話をかける前に、まず公定歩合の現状を
なぜ自分で調べないのですか?

あるいは、

「年金は、若い人が払った保険料がお年寄りに渡されます」

という説明をしたら、お年寄りたちから、

「若い者の世話にはなっとらん。我々が昔払った保険料を
 積み立てて、それを受け取っているだけだ」

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。