「デカ目プリクラ」にソリューションの本質を見る

2008.08.05

営業・マーケティング

「デカ目プリクラ」にソリューションの本質を見る

金森 努
有限会社金森マーケティング事務所 取締役

「120%のデカ目革命」。株式会社バンダイナムコゲームスが先月末に投入したアーケード用シールプリント機は、被写体の目だけを大きくする技術を独自に開発し、「目が大きくかわいく写る」ということをセールスポイントとした。男性、特に筆者のような年代から考えれば「ええ~っ?」と思ってしまいがちなのだが、実はこれ、いわゆる「ソリューション」というものの本質を表わしているんじゃないかと思う。

バンダイナムコゲームス「Jewella Eye(ジュエラ・アイ)」
http://www.bandainamcogames.co.jp/aa/am/vg/jewella-eye/dekame.php

「プリクラ」もしくは「プリント倶楽部」はアトラスの商標で、他社製品は単純に「シールプリント機」と表記すべきなのだが、一般名詞化していることもあり、標題にのみその表記を用いた。

さて、そのシールプリント機の元祖、アストラス社製の「プリクラ」は1995年に初登場している。それ以前にもあった証明写真用の自動撮影機が原点と言われているが、その意味ではシールプリント機も「写真」であることは間違いない。
「写真」とは読んで字の如く「ありのままを写し取ること。また、その写しとった像(広辞苑)である」。しかし、その意味からすると、もはやシールプリント機は「写真」とはますます別物となってきている。

これまでにも絶妙な照明のあて方で「肌がきれいに見える」仕上がりを実現するという機種もあり、出来上がったシールプリントを見せられると「これ、本当に君なの?」と思わず言ってしまいそうになるものもあった。それがさらに進化したのだ。
「肌がきれいになって、美人ぽく写る」・・・程度であれば、まだそれは本人であることは間違いない。しかし、目という顔の特定パーツを大きくすると、それはもはや「本人」でないのでは?・・・と思う。
しかし、利用者にとっては、(故・赤塚不二夫的表現をするなら)「それでいいのだ!」という所だろう。

マーケティングのキモは「ニーズの発見」である。ニーズとは「理想の状態」と「現状」」の間にあるギャップを意味する。
別の報道で、バンダイナムコゲームス「Jewella Eye」の開発過程が少しだけ記されていた。
http://news.ameba.jp/economy/2008/08/16307.html

<独自のマーケットリサーチにおいて、シールプリント機を利用するユーザーから「メイクの中でもアイメイクが1番重要」「撮影前にアイメイクを直す」といった声が多く寄せられていることから、“目”にスポットを当てた>という。
昨今の女性のメイクはアイメイクに最も力が注がれている。マスカラやアイラインで目の周りは真っ黒だ。何もしなくとも結構目が大きいのでは?という女性も丹念に目元を飾っている。多くの女性にとっては、自分の「理想とする状態」からすると「現状」の目の大きさはギャップがあるのだろう。
<(バンダイナムコゲームスは)大きすぎず、1番かわいいと実感できるサイズに設定。実際の大きさと比べて目が大きくなる効果を施し、自然に、よりかわいく写ったことを実感できる>という。利用者にとって「写真」として「ありのままを写し取ること」に意味はない。「現実より目が大きく映りたい」というニーズを汲み取って「よりかわいく写ったことを実感できる」ことが重要なのだ。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

金森 努

有限会社金森マーケティング事務所 取締役

コンサルタントと講師業の二足のわらじを履く立場を活かし、「現場で起きていること」を見抜き、それをわかりやすい「フレームワーク」で読み解いていきます。このサイトでは、顧客者視点のマーケティングを軸足に、世の中の様々な事象を切り取りるコラムを執筆していきます。

フォロー フォローして金森 努の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。