再び注目を浴びているコーポレートユニバーシティ(企業内大学)

2008.07.18

組織・人材

再び注目を浴びているコーポレートユニバーシティ(企業内大学)

葛西 伸一
株式会社メンター・クラフト 代表取締役社長

欧米では1990年代に、国内では2000年以降に企業に普及し始めた 企業内大学(コーポレートユニバーシティ(CU))。 この制度が、今再び注目を浴びている。

ある調査会社の調べによると、1000人以上の従業員規模の企業での

企業内大学(コーポレートユニバーシティ)導入率は約25%と言われいてる。

実質的には2000年ころから普及しているから、単純計算でも毎年3%以上の企業が導入を実施していると推測できる。

ではなぜ、今再び注目を浴びているのだろうか?

あなたが、あるグローバル企業の社員だと想定してほしい。

会議室で多くの外国人に囲まれて、今はディスカッションの時間だとする。

問;日本人女性の平均寿命は世界で何位?

答えはもちろん、世界第一位。

これは、日本人の多くの人が答えられるだろう。

詳しい人は、日本の男性の平均寿命は79歳で世界第2位、
日本の女性の平均寿命は女性86歳で世界一。

ここまで答えられる人も少なくないだろう。

そこで、次の問題。

「では、なぜ、日本人の寿命は世界で第一位(女)、第二位(男)なのだろうか?」

みなさんは、この問いかけに対して、スパットと答えられるだろうか?

実はこの手の問題、相対的に日本人は欧米人に比べるととっても苦手なのだ。

実際にOECD 国際学習到達度調査の結果を見ても、解答を出す問題は日本人は、

OECDの平均点以上なのにもかかわらず、その解答プロセスに関する問いや、

論理性を問われる問題になると、ガクンと点数が落ちてしまい、

設問によってはOECD平均点を大幅に下回るという現象が起きるのだ。

このことから、日本の学校教育における課題があると言わざるを得ない。

従来の暗記型日本教育は、知識習得面では必要性は高いが、

それで十分とは言えないのだ。つまり「考える力」を養う教育が、

欧米のそれにくらべて相対的に弱いと考えられる。

最近、フィンランド式教育などがさかんにいわれ、実際に日本の学校の

お偉いさんたちは、視察と称してフィンランドへ渡航し教育制度を学んでいるという。

さて、問題を戻して、「なぜ、日本人の寿命は世界で第一位(女)、第二位(男)なのだろうか?」

に解を出せるだろうか。

「そんなことわかるのか?」と言われるかもしれない。

確かに間違いのない答えを足すためには、膨大な時間と労力がかかるし、

現代の科学、医学技術で自説を立証できるかには疑問がある。

そして、実際に様々な説がある食事の問題、医療レベルの問題・・・沢山ある。

しかし、ここで大切なことは、唯一無二の解答を出すことではなく、

どのような可能性があり、どのような原因は可能性が高いと測定できるか。が大事なのである。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

葛西 伸一

株式会社メンター・クラフト 代表取締役社長

http://www.mentor-craft.co.jp/ http://www.mba-noryoku.com/ 大学卒業後、大手エレクトロニクス商社に勤務。その後、IT業界、映像コンテンツ業界と15年間の営業・企画・マネージャー等の経験を経て、 2007年4月に(株)メンター・クラフト設立。 豪州ボンド大学大学院 MBA(経営学修士) エグゼクティブ・コーチ(JIPCC認定) 日本コーチ協会正会員

フォロー フォローして葛西 伸一の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。