10年商品を作る「BMR」(3)

2007.05.16

営業・マーケティング

10年商品を作る「BMR」(3)

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

「BMR」(Basic Marketing Relations)は、日本語では 「基盤マーケティングリレーション」 と銘打たれています。 この言葉には、 「マーケティングの押さえるべき要素とその関係」 をモデル化したという意味が含まれているそうです。

なお、

BMRの全体像 > http://www.dohouse.co.jp/word/bmr.html

をご覧になると、ITに強い方なら、
なんだか見覚えのある表現様式だなあと思われるでしょう。

というのも、このモデルの表記は、
データベースの設計法で利用される

「E-Rモデル」

の考え方を踏襲しているからです。
(E-R図の詳細に立ち入るのは、やめときますね)

さて、では、BMRを実際どのように活用するのか、
具体例も交えてご紹介してみましょう。
(詳細は末尾の本をご参照ください)

◆「製品領域」を発想(構想)する

製品(P)は、
どのようなウォンツ(W)を対象にし、
そのウォンツはどのような人(T)が、
どのような時・場面(O)に
抱くものか

をイメージしたものをBMRでは

「製品領域」

と呼び、「(T、O、W)-P」と表現します。

(注)
P:Product
W:Want
T:Target Consumer
O:Occasion

本では、次のような例が示されています。

-製品領域------------

T:働き盛りの30-40代のビジネスマンが、
O:夜、あまり食事を取らずに飲んで帰った時に
W:さっぱり気分を落ち着かせるものがほしい。

P:お茶漬け

---------------------

◆「製品コンセプト」を創出する

「製品領域」を発想することで、製品(P)のカテゴリー
(例示では「お茶漬け」)が決まったら、つぎに
その「製品コンセプト」を創出します。

製品コンセプトは、

どのような製品分野(P)で、
顧客に提供するベネフィット(B)は何であり、
それはどのような製品属性(A)で実現するか

を規定したものです。

「B、A、P」と表現します。

本には「お茶漬け」の製品領域に対応する具体例が
挙げてありませんので、私がひとつ示させてもらうと、
次のようなものがあるでしょうか。

-製品コンセプト------

B:脳天を直撃する刺激で爽快な食後感
A:原材料として、ハバネロをたっぷり配合
P:暴君ハバネロ茶漬け
 *東ハトさんとのコラボ?

---------------------

なお、上記の製品コンセプトを具体的に説明する際には、

「ハバネロをたっぷり入れること(属性:A)により、
 脳天を直撃する刺激が爽快な食後感(ベネフィット:B)を
 与える暴君ハバネロ茶漬け(製品:P)です」

という言い方をします。
 

もうひとつ別の例。
これは、「なぜ売れないのか」(稲垣佳伸著、日本経済新聞社)
に紹介されていたものです。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。