機内販売のプロが語るセールスの極意

2008.04.14

営業・マーケティング

機内販売のプロが語るセールスの極意

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

あなたは、飛行機の機内販売で 「ブランド品」 とか買ったりしますか?

機内限定販売の商品がメインとはいえ、
あの狭い空間でわざわざバッグなどを購入したくなる気持ち、
正直よくわかりません。

おそらく、旅行中の高揚した気分が
財布の紐をゆるくしてしまうのでしょうね。

こんな私にとって、機内販売は、
客室乗務員の方が手に商品を持って
ゆっくりと通路を通過していくだけの他人事の風景です。

機内は、そもそも積極的に商品を販売できる

「売り場」

ではありませんし、

「売れても売れなくてもいい」

という程度のものなのかなと思っていました。

しかし、この世界にも、
やはりトップセールスはいるんですね。

わずか2時間程度の国内線のフライトで、
機内積み込みのブランドバッグを売り切ったこともある
全日本空輸(ANA)の別府奈津美さんのセールスの極意は、
第一に

「ターゲティング」

にあるようです。
(日経ビジネスアソシエ、2008.05.06)

すなわち、別府さんによれば、

「どのお客様が買う雰囲気を持っているか。
 それを搭乗時に見分けること」

が重要なのだそうです。

前述したように、
機内はそもそも「売り場」=店舗ではありません。

乗客全員が見込み客ではありません。

したがって、早い段階で

「見込み客」

を的確に発見し、
ターゲットを絞り込んで攻めることが
鍵になってくるわけです。

別府さんが特に注目するのは、
女性のグループ。

中でも、そのグループのリーダーが誰かを見定めます。

なぜなら、リーダーに売ることができれば、
周囲に、

「あなたも一つ、どう?」

と勧めてくれることが多いから。

機内販売においても、

「オピニオンリーダー」

をまずおさえることが有効なんですね。

機内の場合、仲の良い仲間が至近距離で
集まっているだけに、リーダーからの「口コミ」が
効きやすい状況にあると言えます。

また、機内販売のネクタイを着けている
ビジネスパーソンもねらい目。

彼らは、いわゆる

「既存客」

ですから、新規客開拓よりもはるかに楽に
販売できる可能性が高いですね。

さて、機内販売の時間が始まってから、
別府さんが会話のきっかけづくりに活用しているのが、

「目」

です。

通路を歩きながらくまなく目線を走らせる。

買う気がある人は、
気づいてもらおうと顔を別府さんに向けてきます。

しかし、ここですぐに近づくことはしません。
恥ずかしがって顔を背けてしまう人もいるからです。

別府さんは、顔を向けてきた人を心持ち長く見つめ、
さらに小首をかしげてかすかに微笑む。

これは

「ロングアイコンタクト」

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。