パナの高級トースター「ビストロ」は、なぜ2倍ペースで売れているのか

2021.03.12

経営・マネジメント

パナの高級トースター「ビストロ」は、なぜ2倍ペースで売れているのか

ITmedia ビジネスオンライン
“ニュースを考える、ビジネスモデルを知る” ITmedia 編集部

 おいしいトーストを食べたい――。そんな消費者ニーズに応えるかのように、高級トースター市場で“アツアツ”の状況が続いている。  先陣を切ったのは、バルミューダが2015年に発売した「バルミューダ ザ・トースター」だ。当時、トースターの価格は数千円が主流だったのに対し、ザ・トースターは2万2900円(税別、現在は2万3500円)。ケタ違いの価格に対し、業界からは「そんなモノは売れるわけがないでしょ」といった声もあったが、家電量販店などで並べたところ、売れに売れた。[土肥義則,ITmedia]

おいしいトーストを食べたい――。そんな消費者ニーズに応えるかのように、高級トースター市場で“アツアツ”の状況が続いている。

先陣を切ったのは、バルミューダが2015年に発売した「バルミューダ ザ・トースター」だ。当時、トースターの価格は数千円が主流だったのに対し、ザ・トースターは2万2900円(税別、現在は2万3500円)。ケタ違いの価格に対し、業界からは「そんなモノは売れるわけがないでしょ」といった声もあったが、家電量販店などで並べたところ、売れに売れた。


高級トースターでトーストを楽しむ人が増えてきた

いや、正確に言うと、いまも売れている。国内外の累計販売数は100万台を超え、2020年12月の単月売上は過去最高に。こうした動きを見て、他社も黙っていたわけではない。アラジンが4枚焼きの「グラファイト グリル&トースター」を販売したり、三菱電機は1枚焼きの「ブレッドオーブン」を投入したり。

各社が高級トースター市場に参入するなかで、ちょっと気になる商品が登場した。パナソニックの「ビストロ NT-D700」(実勢価格2万9700円、税込)だ。機能面については後述するとして、最大の特徴は「デザイン」である。前のモデルはボタンがたくさん搭載されていたので、正直に言って「ごちゃごちゃしているなあ」という印象があったが、ビストロは違う。クルマに例えると、フルモデルチェンジをしたかのように、“別モノ”として生まれ変わったのだ。

パナソニックの高級トースター「ビストロ NT-D700」が売れている

とはいえ、高級トースターの売り場に足を運ぶと、たくさんの商品が並んでいるので、売り上げは苦戦するかもしれない。が、しかしである。パナソニックの担当者に聞いたところ、「2月1日に発売して、前年比2倍ペースで売れている」とのこと。

高級トースター市場で、なぜビストロが売れているのか。また、商品開発にあたって、どのような苦労があったのか。商品開発に携わった内田さやかさんに話を聞いた。聞き手は、ITmedia ビジネスオンライン編集部の土肥義則。

トースター市場は年170万台で推移

土肥: トースターのビストロが売れているようですね。2月に発売したところ、前年比2倍ペースで売れているようで。その秘密をお聞きする前に、機能面について教えてください。無駄を排除したデザインになっていて、前面にあるのはクリックダイヤルと2つのボタンだけですよね。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

ITmedia ビジネスオンライン

“ニュースを考える、ビジネスモデルを知る” ITmedia 編集部

「ニュースを考える、ビジネスモデルを知る」をコンセプトとするオンラインビジネス誌。

フォロー フォローしてITmedia ビジネスオンラインの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。