「コロナで露呈」してしまったマネージャー

2020.12.27

営業・マーケティング

「コロナで露呈」してしまったマネージャー

猪口 真
株式会社パトス 代表取締役

人は危機になったときに、本来の力が試される。 これは今年もっとも感じたことのひとつだった。 今年で言えば、「コロナで露呈」となるのだろう。

人は危機になったときに、本来の力が試される。

これは今年もっとも感じたことのひとつだった。

今年で言えば、「コロナで露呈」となるのだろう。

この言葉もよく聞いた言葉だが、これまでいかに従来の仕組みやシステムのなかでのみ、成果を上げることができていた証か。

今年は、完全に「新型コロナ」一色の1年だった。

我々はビジネスにおいて、それぞれの分野、職種、職能に応じて、どのような環境になったとしても、常に成果を出すことを求められているわけだが、どれだけの人がこの大きな環境変化のなかで、変わらぬ(拡大する)成果を上げることができたのだろうか。

「人の動きが制限される」「人と人が会いづらくなる」「会食ができない」「イベントで人を集めることができない」など、昨年までは考えられなかった事態に陥ってしまい、昭和の時代から仕事をしてきた身としては、これまで培ってきた仕事の仕方を根底から覆されると感じたものだ。

昨年までは、後輩に対して、培ってきたノウハウを教えることで、ある程度の存在意義を示すことができたし、逆に後輩にも刺激を受けながら、少しずつ新しいものを取り入れることで成長することもできた。

このビジネス人生のサイクルが壊された1年でもあったのだろう。突然、これまでの成果がほとんど役に立たなくなり、アウトプット、サービスのかたちを変えなければならなくなった。

これまでのノウハウが、まったく通用しなくなったのだから、培ったノウハウが、役に立たないのだ。広告やマーケティングにおいても、考え方やツール、手段はこれまでとは一新され、新しい手段を取り入れることが必要になった。

とはいえ、すぐに変えることなど、できるわけもなく、クライアントと共に、何から行えばいいのか、試行錯誤の2020年だった。

さらに、仕事自体の進め方も一変した。テレワークが当たり前となり、昭和営業お得意の、対面で関係をつくっていくことができなくなった。そうなると、必要なビジネススキルも変わる。プレゼンテーションのドキュメントづくり、メールやチャットの文章力、理路整然としたロジックの語り、など、これまでも必要とはされてはいたものの、あくまで補助的だと高をくくっていた人も多いのではないか。今、これらがないと話にならない。

これまでドキュメントやプレゼン資料などを部下に丸投げしてきた上司はほんとに困っているのではないか。こういうのは、わかっていたことではあるが、改めて「コロナで露呈」した、いちばんかわいいところか。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

猪口 真

株式会社パトス 代表取締役

すべてのナレッジワーカーがコンテンツを考え、発信する時代です。あなた(会社)のコンテンツをともに考えましょう。

フォロー フォローして猪口 真の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。