CbS(Choice by Supplier)の重要性

画像: Shutterstock_ NakoPhotographyさん

2019.12.26

経営・マネジメント

CbS(Choice by Supplier)の重要性

野町 直弘
株式会社クニエ プリンシパル

自動車業界のサプライチェーン構造が変わろうとしています。CASEの進展は従来型サプライチェーン構造の前提となる増収増益モデルを成り立たなくさせます。 そこで重要になってくるのはCbS(Choice by Supplier)です。

このように「百年に一度の大改革」と言われ始めてまだ数年しか経っていませんが、徐々にその兆しが出始めています。実際に18年度の決算を見ますと、完成車メーカーは増収増益ですが、部品メーカーは増収減益となっています。

今後の動向を考えますと、来年あたりから、トヨタはもう少し鮮明に全方位型から重点型への切替えを表明し始めるのではないでしょうか。つまり、選ばれたサプライヤとのみ共存共栄を図っていく、という方向性をより明確に出していくことと考えています。

一方で完成車メーカー側も全く同じことが言えるでしょう。今後、完成車メーカーはサプライヤから選んでもらう必要があるのです。

これはCbS(Choice by Supplier)チョイス・オブ・サプライヤとも言えるでしょう。場合によってはサプライチェーン全体の中で一部部品メーカーによる下剋上が始まるかも知れません。こういう状況下では、今まで以上にサプライヤマネジメントが重要になります。

CbS(Choice by Supplier)チョイス・オブ・サプライヤが重要となり、サプライヤに如何に選んでもらうか、が今後の自動車業界におけるサプライチェーン全体でのキーとなるでしょう。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

野町 直弘

株式会社クニエ プリンシパル

NTTデータグループのコンサルティング会社である株式会社クニエの調達購買改革コンサルタント。 調達・購買分野に特化したコンサルティングを提供している株式会社アジルアソシエイツの元代表。 自身も自動車会社、外資系金融機関の調達・購買を経験し、複数のコンサルティング会社を経由しており、購買実務経験のあるプロフェッショナルがサービス提供を行います。

フォロー フォローして野町 直弘の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。